3月8日の国際女性デーを祝して、グーグルが2019年から2020年にかけて「最も検索された女性」を発表。(フロントロウ編集部)

グーグルで「最も検索された女性」が明らかに

 米IT大手グーグル(Google)が3月8日の国際女性デー(International Women's Day)を祝して、2019年から2020年にかけて「最も検索された女性」を発表した。

国際女性デーって何?
女性の権利と政治的、経済的分野への参加を盛り立てていくために、1975年に制定された記念日。1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めたデモが起源となっている。

 「最も検索された女性アーティスト」は、「シェイク・イット・オフ(Shake It Off)」などのヒット曲で知られるシンガーソングライターのテイラー・スウィフト

画像1: グーグルで「最も検索された女性」が明らかに

 テイラーは、男性優位社会に物申すパワフルなメッセージを込めた楽曲「ザ・マン」を通じて、男性たちを優遇し続けてきた社会の不平等さを指摘し、女性たちが努力に値する正当な評価を得られるようになるべきだと主張するなど、性差別やダブル・スタンダードといった社会問題に強い関心を寄せている。

 「最も検索された女性コメディアン」は、今年のゴールデン・グローブ賞でアジア系女優として初めてコメディ/ミュージカル部門(映画の部)の主演女優賞を受賞したオークワフィナ(Awkwafina)。

画像2: グーグルで「最も検索された女性」が明らかに

 中国系アメリカ人の父と韓国系アメリカ人の母を両親に持つアジア系ながら、人種の壁を乗り越えて、これまでに『オーシャンズ8』や『ジュマンジ/ネクスト・レベル』といった数々のハリウッド映画に出演。根強い人種差別が残るハリウッドで、アジア系女性の立ち位置を変える存在として期待されている。

 「最も検索された女性アスリート」は、大坂なおみも尊敬する人の1人として挙げるプロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ

画像3: グーグルで「最も検索された女性」が明らかに

 アスリートに限らず多くの働く女性にとって、復帰するにあたって様々な課題が残る妊娠・出産を経て完全復活を果たし、毎試合、ブランクを感じさせない迫力に満ちた力強いプレーで勇気を与えている。

 さらに、「最も検索された女性映画監督」は映画『ブックスマート(原題:Booksmart)』で監督デビューした俳優のオリヴィア・ワイルド、「最も検索された女性作家」は1993年にアメリカの黒人女性として初めてノーベル文学賞を受賞したトニ・モリソン、「最も検索された女性ジャーナリスト」は保守派で知られるサラ・カーター、「最も検索された女性デザイナー」はドナテラ・ヴェルサーチェ、そして「最も検索された女性作家による文学作品」は映画化もされ日本でも絶大な人気を誇るJ・K・ローリング著の『ハリー・ポッター』シリーズとなっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.