人気ドラマ『glee/グリー』に出演していたマシュー・モリソンが、ディズニーの名曲の数々をカバーしたアルバム『ディズニー・ドリーミング with マシュー・モリソン』を発売することになり、『glee/グリー』の共演者たちもサポートしている。(フロントロウ編集部)

マシュー・モリソンがニューアルバムをリリース

 シリーズが終了して約5年が経つが、今もなお根強いファンが多いドラマ『glee/グリー』。キャストたちも仲がよく、同窓会を行ないプライベートで仲が良いいだけではなく、主要キャストであるレイチェル役のリア・ミシェルとブレイン役のダレン・クリスは一緒にツアーを行なったり、アーティ役ケヴィン・マクヘイルとティナ役ジェナ・アウシュコウィッツがポッドキャスト番組で一緒にホストを行なったりと仕事面でも一緒に活動することが多い。

 ドラマが終わってもなお仲良しの『glee/グリー』のキャストは、仲間達のサポートも欠かさない。

 今回、シュー先生役を務めたマシュー・モリソンが、ディズニーの名作『アラジン』『ピーター・パン』『ジャングル・ブック』などの劇中歌のなかから楽曲を自らセレクトし、歌っているアルバム『ディズニー・ドリーミング with マシュー・モリソン』をリリース。

 マシューにとって初めてのディズニーのカバーアルバムを応援するために、『glee/グリー』のキャストたちが反応している。

 『glee/グリー』でマシュー演じるシュー先生と対立することが多かったスー先生役のジェーン・リンチは、「星に願えば。このように願いが叶う!私の友人マシュー・モリソンのニューアルバムがリリースされました。みんなの好きなディズニーソングを広々とした心の底から歌っている!」とコメント。

 そしてエイプリル役のクリスティン・チェノウェスは、「誇りに思うわ、マシュー・モリソン!!みんな『ディズニー・ドリーミング』を聞いて」と、自身のファンに向けてニューアルバムを聴くように宣伝。

 さらにマシューが自身のインスタグラムにニューアルバムについての投稿をアップすると、その投稿にジェナとケヴィンがいいねを押して反応し、ブリトニー役のヘザー・モリスが「息子たちと私は(このアルバムが)大好き」とコメントし、早速ニューアルバムを聴いてお気に入りだということを明かした。

 こうして『glee/グリー』のキャストたちも応援しているマシューのニューアルバム『ディズニー・ドリーミング with マシュー・モリソン』は、3月13日に発売となった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.