セレーナ・ゴメスがアメリカで今話題沸騰中の「ある人物」を誘って庶民派スーパーに買い出しへ。友人たちを交えて楽しい一夜を過ごした。(フロントロウ編集部)

「時の人」といつの間にか仲良しに

 世界中に広がる感染拡大を受けてWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスを「パンデミック」と認定したことで、アメリカやカナダにもついに自粛ムードが広がるなか、シンガーのセレーナ・ゴメスも外出を避け、室内で過ごすための備蓄をしようとスーパーに買い出しに出かけたよう。

 ディスカウント百貨店のターゲット(Target)の店内で自撮りした動画の中で、「みなさんが安全できちんと自分をいたわっていますように。もう、こんな事は耳にタコかもしれないけど、私はみんなのために祈ってる、みんなの事を考えてるよ」とコメントしたセレーナ。

 そんな彼女の傍らには、普段よく行動を共にしている友人たちに混じって、見慣れないある有名人の姿があった。

 セレーナがインスタグラムストーリーで公開した買い物中の動画に登場したのは、人気恋愛リアリティ番組『The Bachelor(ザ・バチェラー)』のシーズン24に出演していたリアリティースターのマディソン・プルーイット。

 Amazonプライム・ビデオにて日本版の『バチェラ―・ジャパン』が配信されていることでも知られる同人気シリーズは、1人の男性をめぐって約30人の女性たちがドロドロのバトルを繰り広げる恋愛サバイバル番組。2002年のシーズン1の放送以来、高視聴率を叩き出し続け、多くのセレブもファンを公言していることで知られる。

 イケメンパイロットのピーター・ウェーバーを主役にしたシーズン24は、3月10日最終エピソードが放送されたばかり。

 ネタバレになってしまうので詳細は割愛するが、そこでは視聴者をあっと驚かせる出来事が起こり、同番組がSNS上でトレンド入りするなか、ファイナリストの1人となったマディソンも“時の人”となった。

“バチェラー”のピーター・ウェーバーとマディソン。

 最終エピソードの放送日には、友人たちとキャーキャー言いながらバトルの行方を見守る様子をインスタグラムで公開していたセレーナだが、いつの間にかマディソンと繫がり、一緒に買い出しに出かけるほどの仲になっていたよう。

 ターゲットでの買い物風景を収めた動画には、しばらくの間は外出を控えることを見据えて、友人みんなと遊べるボードゲームをたくさん買い込んでいたセレーナ。マディソンにも「マディ、あなたはどのゲームがいい?」と希望を聞き、それに対してマディソンが「うーん、正直、どれも楽しそうだね!」と興奮気味に答える場面もあった。

 その後公開されたゲームプレー中の動画では、マディソンが『ザ・バチェラー』のキーアイテムであるバラの花の“へたウマ”な絵を描いてみせるなど、セレーナ一行は爆笑しながら和気あいあいと楽しく過ごしていた。

画像: ゲームの結果は、マディソンチームが勝者、セレーナチームが敗者となったよう。『ザ・バチェラー』では主役の男性が女性たちにバラの花を渡して存続を告げるのが習わしで、マディソンが書いた「Winner」の文字にはバラの花が取り入れられている。©Selena Gomez/Instagram

ゲームの結果は、マディソンチームが勝者、セレーナチームが敗者となったよう。『ザ・バチェラー』では主役の男性が女性たちにバラの花を渡して存続を告げるのが習わしで、マディソンが書いた「Winner」の文字にはバラの花が取り入れられている。©Selena Gomez/Instagram

 番組への出演がきっかけで、まさか大スターのセレーナと友達になれるとは、マディソンも予想していなかったはず。しかし、知り合って間もないマディソンですら、まるで古くからの友人のようにナチュラルに身内の輪の中に迎え入れてしまえる、セレーナの気さくでフレンドリーな人柄には脱帽。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.