シンガーのクリスティーナ・アギレラが、映画『ムーラン』の楽曲「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー(Loyal Brave True)」を初めて披露した。(フロントロウ編集部)

「ローヤル・ブレイブ・トゥルー」を初披露

 1998年に公開されたディズニーのアニメ映画『ムーラン』は、ディズニー長編アニメ史上初めてのアジア人主人公とした映画で、アニメ版の公開から約22年経った2020年には実写版『ムーラン』が公開。

 主題歌や挿入歌は、アニメ版『ムーラン』でも楽曲「リフレクション」を歌ったクリスティーナ・アギレラが担当することに。アギレラは、約22年ぶりに「リフレクション」を歌うことになるうえ、実写版のためだけに書き下ろされた楽曲「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー(Loyal Brave True)」も劇中で歌うことになる。

 クリスティーナは、人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演した際、『ムーラン』の新しい楽曲「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー」を初めてパフォーマンスした。和太鼓からスタートする楽曲でクリスティーナは、曲の雰囲気とマッチした着物を彷彿とさせるような衣装で「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー」を力強く歌い上げた。

『ムーラン』のプレミアにも参加

 先日にはハリウッドで『ムーラン』のワールドプレミアが開催され、主演のリウ・イーフェイをはじめ、ジェット・リー、ドニー・イェンなどの主要キャストがそろうなか、クリスティーナも出席。ピンクと赤の衣装でレッドカーペットに華を添えた。

画像: 『ムーラン』のプレミアにも参加

 ディズニー映画の『ムーラン』は、日本でも4月17日に公開が予定されていたが新型コロナウイルスのため公開が5月22日に延期されている。クリスティーナが歌う新曲「ロイヤル・ブレイブ・トゥルー」はもちろん、約22年ぶりに歌う「リフレクション」にも注目したい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.