シンガーのナイル・ホーランが明かした、ワン・ダイレクションのメンバーとの連絡手段がイマドキの若者とは思えない!? (フロントロウ編集部)

「おじさんみたいだよね」と自虐

 3月13日に待望のニューアルバム『ハートブレイク・ウェザー(Heartbreak Weather)』をリリースしたナイル・ホーランが、現在、活動を休止している所属グループ、ワン・ダイレクション(以下1D)のメンバーとの連絡手段を地元アイルランドのトーク番組『The Late Late Show(ザ・レイト・レイト・ショー)』で明かした。

画像: ワン・ダイレクションのメンバー。左からナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ、ルイ・トムリンソン、リアム・ペイン。

ワン・ダイレクションのメンバー。左からナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ、ルイ・トムリンソン、リアム・ペイン。

 番組の司会者から、どうやって1Dのメンバーと連絡を取り合っているのか聞かれたナイルは、「Eメールのグループメールがあるんだ」と回答。イマドキの若者にしては珍しく、SMSメッセージやLINEのようなコミュニケーションアプリではなく、いまだにEメールで連絡を取り合っていることを明かし、「まるで45歳のおじさんみたいだよね。でも、なんでかわからないけどEメールで連絡を取り合ってるんだ」と自虐的なコメントで観客を笑わせた。

 続けて、もし明日電話がかかってきて、1Dの活動を再開しようと言われたらどうするか聞かれ、「ん〜、もうツアーの日程も決まっているから、多分『ノー』と答えるかな。今のこの状態をすごく楽しんでるんだ。でも、(ソロ活動も)そもそもすべては1Dのためで、そうじゃなかったら今の僕はない。みんなの準備ができてようやく活動を再開できるんじゃないかな」と答えている。

 ちなみに、1Dのメンバーのなかでとくに仲が良いのは、ほぼ同い年のハリー・スタイルズだそうで、音楽の好みが似ていて趣味が合うことから活動休止後も交流が続いており、昨年、一緒にイーグルスのコンサートに行ったことをRTÉ Entertainmentのインタビューで明かしている。また、ルイ・トムリンソンリアム・ペインとも頻繁にではないものの、お互いに都合がつけば会っているという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.