アメリカの人気バンド、ザ・ストロークスは、誰よりも早くフジロック・フェスティバルに出演することが発表されていた。(フロントロウ編集部)

フジロックの第1段アーティストが発表

 日本最大級の野外フェスであるフジロック・フェスティバルは、毎年7月末に開催されるが、2020年は東京オリンピックのため、8月21日(金)、22日(土)、23日(日)に新潟県 湯沢町の苗場スキー場で開催される。そして3月17日には、第1段出演アーティストが発表された。

 2020年のフジロック・フェスティバルは、テーム・インパラとザ・ストロークスがヘッドライナーを務め、The XX、トム・ミッシュ、FKAツウィグス、フューチャー・アイランズなどの注目アーティストをはじめ、ディスクロージャー、メジャー・レイザー、ムラマサなどのDJ系アーティストなど計33組が出演。

 そんななか、ヘッドライナーを務めるザ・ストロークスは、フジロック・フェスティバルの公式発表より前に、ある方法で同フェスに出演することが発表されていた。

まさかのレーベルが発表前夜に発表

 フジロック・フェスティバルの公式が出演アーティストを発表する前夜に、ザ・ストロークスが日本で所属しているレーベル、ソニーミューニックがアップしたツイートに注目。そのツイートには、ニューアルバム『ザ・ニュー・アブノーマル』の宣伝ポスターが。一見いたって普通の広告ポスターだけれどそこには秘密が隠されていた。

 その広告ポスターに書かれていたのは、この文章。

祝!
再びストロークス伝説が始まる・・・。
時代を築き上げたガレージロック・リヴァイヴァルのパイオニアが
ロマンと情熱を注ぎこんだ待望の新作で劇的なカムバ
ックを果たす。
首を長くして待て!

 じつはこの文の左端を「縦読み」すると、「祝フジロック」という文言になるのだ。

 まさかのフジロック・フェスティバルの公式発表より先に、レーベル側が「縦読み」という今はやりの方法でザ・ストロークスの出演を告知していたのだ。リークされることや、本人たちがポロリと言ってしまうことはあるものの、こうしてレーベルから公式発表前に公開されるのはかなり珍しいパターン。

 ちなみにザ・ストロークスは、2013年発表の『カムダウン・マシーン』以来のアルバム『The New Abnormal (ザ・ニュー・アブノーマル)』を2020年4月10日にリリースする。2020年はすでに北欧で行なわれる3つのフェスでヘッドライナーを務めることが決定しており、フジロックでも大トリを飾る。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.