多くのセレブたちが暮らすカリフォルニア州の高級住宅街に出没した「脱走ロブスター」が一身に注目を浴びている。(フロントロウ編集部)

高級住宅街を徘徊する謎のロブスター

 アメリカで10年以上放送が続き日本でもdTVで配信中の人気リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』に出演するキム・カーダシアンが、ほかの地域と同様、新型コロナウイルス感染拡大に揺れる高級住宅地カラバサスの路上で、どこからか逃げ出してきたとみられる1匹のロブスターを発見。

画像: キム・カーダシアン

キム・カーダシアン

 アスファルトの上をじりじりと前進しようとする、ちょっと応援したくなってしまうロブスターの姿を収めた動画をキムが「なんでカラバサスの路上をロブスターが歩いてるの? 何が起きてるの?」というコメントともにツイッターを通じて紹介したところ、みるみるうちに人気者となり、即行で専用のアカウントが誕生することとなった。

 「カラバサス・ロブスター」と名づけられたこのロブスター名義のアカウントは、フォロワー数こそさほど伸びていないものの、つぶやく内容がなかなかシュールだと話題に。

 「お散歩中だよ」、「なんてこった、僕、今、キム・カーダシアンの家の前を通ったと思う」、「いいねが1000件集まったら、カニエ(※)に噛みついてみせる」、「みんな僕をザリガニだと決めつけるのはちょっと気が早いんじゃない? 誇りを持って言う。僕はロブスターだよ」といったコメントには、外出制限中で暇を持て余しているとみられるユーザーたちから、たくさんの反響が寄せられている。

※キムの夫でラッパーのカニエ・ウエストのこと。

 この「カラバサス・ロブスター」のアカウントの運営者が誰かは不明。

 世間が新型コロナウイルスの影響で大混乱となっているときに、“脱走ロブスター”というほのぼのとした情報を投下したキムには、一部の人々から「人がたくさん死んでるんだよ」、「そんなこと言ってる場合じゃない」と批判の声も寄せられたが、キムはその後、自身のフォロワーたちに向けて警告ツイートを連投。

 とくに健康な若者たちに向けて、新型コロナウイルスに感染すると重症化する可能性が高いと言われる年配の世代や持病を持っている人たちのためにも、不要な外出を自粛るよう呼びかけていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.