新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るうなか、映画『ワンダーウーマン』のガル・ガドットが、人々を勇気づけるために総勢24名のセレブを集めて「イマジン」を熱唱する動画をインスタグラムで公開。(フロントロウ編集部)

総勢24名のセレブと「イマジン」を熱唱

 日本公開日が6月12日に決定した映画『ワンダーウーマン 1984』で、前作に続き主人公のスーパーヒーローのワンダーウーマンを演じるガル・ガドットが、映画『アベンジャーズ』シリーズで超人ハルクを演じるマーク・ラファロや、ディズニー映画『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス、シンガーのシーア、モデルのカーラ・デルヴィーニュといった、年齢も職種も様々な著名人に声をかけ、みんなで故ジョン・レノンの名曲「イマジン(Imagine)」を歌う動画を制作し自身のインスタグラムで公開した。

 動画の冒頭で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け隔離生活をスタートさせてから、6日が経過したことを明かしたガルは、この動画を制作した理由について、感染拡大が深刻なイタリアである男性が外出禁止中の人々を勇気づけるために、トランペットで「イマジン」を演奏する姿を見て感動したからだと説明。

画像: 総勢24名のセレブと「イマジン」を熱唱

 ガルの呼びかけで、今回のイマジン・プロジェクトには、クリステン・ウィグ、ジェイミー・ドーナン、ラビリンス、ジェームズ・マースデン、サラ・シルバーマン、エディ・ベンジャミン、ジミー・ファロン、ナタリー・ポートマン、ゾーイ・クラヴィッツ、シーア、リンダ・カーター、エイミー・アダムス、レスリー・オドム・Jr.、ペドロ・パスカル、クリス・オダウド、ドーン・オポーター、ウィル・フェレル、マーク・ラファロ、ノラ・ジョーンズ、アシュレイ・ベンソン、カイア・ガーバー、カーラ・デルヴィーニュ、アニー・マムオロ、マヤ・ルドルフら、総勢24名のセレブが参加した。

 「何が起きても私たちは一緒です。みんなで一緒に乗り越えましょう」というガルのメッセージと、彼女が結成した“新ヒーロー軍団”の歌声に多くの人たちが励まされたに違いない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.