映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の公開で注目を集めている米コーヒーチェーン、スターバックスの裏メニュー「ハーレイ・クイン・フラペチーノ」って一体どんな味? (フロントロウ編集部)

“悪カワ”ハーレイ・クインの主役作が大ヒット

 日本では3月20日に公開がスタートした映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(以下『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』)。

 DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公とした同作は、ジョーカーとの失恋から立ち直るべく、女性オンリーのチーム「Birds of Prey(バーズ・オブ・プレイ)」を結成して最凶の敵と対峙するハーレイの“覚醒”を描いた疾走感&爽快感バツグンの作品で、北米では2月の公開と同時に初週末興行収入No.1のヒットを記録。

画像: ©WARNER BROS PICTURES / Album/Newscom

©WARNER BROS PICTURES / Album/Newscom

 日本でも初週末3日間で観客動員数13万6002人、興行収入2億379万円を記録し、週末動員&興行収入ランキングで初登場No.1という絶好調なスタートを切った。


ちょいグロ?「ハーレイ・クイン・フラペチーノ」に熱視線

 ガールパワー全開なストーリーにくわえて、カラフルでちょっと毒々しい世界観も評判となっている『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』。

 日本でもさまざまなコラボ企画が展開されているけれど、海外のスターバックスでは、主演のマーゴット・ロビー演じる“悪カワ・ヒロイン”、ハーレイ・クインのひと癖あるビジュアルを表現した裏メニュー、「ハーレイ・クイン・フラペチーノ」が注目を集めている。

 北米の店舗では定番メニューの1つとなっているストロベリー・フラペチーノをベースにカスタマイズしたこのドリンクは、カーキグリーンとホットピンクというミスマッチなカラーコンビネーションで、あえて“どぎつさ”や“クレイジーさ”を演出した1品。

 ホイップクリームの上にトッピングされたグリーンのパウダーは、海外で近年大人気を博している抹茶パウダー。ホットピンクのパウダーは、乾燥させたドラゴンフルーツをパウダー状にしたもの。少し残ったフレーク状の粒もグロテスクなアクセントとなっている。

 米メディアTotally The Bombが紹介したカスタムレシピは、以下のとおり。

【ハーレイ・クイン・フラペチーノのオーダー方法】

①ストロベリー・フラペチーノを注文する(サイズはどれでもOK)
②バニラとヘーゼルナッツのフレーバーを追加
③カップの底にストロベリーピュレー(ソース)を注いでもらう
④ホイップクリームの片側には抹茶パウダーを、そして、もう片側には乾燥ドラゴンフルーツをトッピングしてもらえば完成!

 もともとは、2016年にDCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』が公開され、マーゴット演じるハーレイ・クインの人気がブレイクした際にじわじわと出現しはじめた「ハーレイ・クイン・フラペチーノ」。

 これが、スピンオフ作である『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の公開に合わせて進化を遂げ、人気に火がついているというワケ。

 ちなみに気になるお味は、ストロベリー、バニラ、ヘーゼルナッツのクリーミーな甘みに、ストロベリーピュレ―とドラゴンフルーツの酸味が絡み合った爽やかな味わい。そこに、抹茶パウダーの苦みがアクセントとしてパンチを効かせている。

 乾燥ドラゴンフルーツの粒のポリポリとした食感も相まって、唯一無二の不思議なドリンクとなっている、興味をそそるこの裏メニューは、残念ながら、海外のスターバックスでのみオーダーが可能。でも、もしも機会があれば、今回紹介したレシピを参考に、ぜひトライしてみて! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.