1920年代や1980年代に大流行し、マリリン・モンローなどが取り入れていたフィンガーウェーブヘアがリバイバル。セレブやインフルエンサーたちも取り入れる、今っぽくアレンジしたフィンガーウェーブヘアをご紹介。(フロントロウ編集部)

ちょっぴりレトロなフィンガーウェーブがオシャレ

 「フィンガーウェーブヘア」とは、前髪など髪の毛の表面にくるっとうねりのあるウェーブをつくったヘアアレンジのこと。まるで映画みたいな王道フィンガーウェーブはもちろん、トレンドのアクセを使った今っぽいアレンジにも注目。ちょっぴりレトロでオシャレ度アップ間違いなしのフィンガーウェーブヘアをチェック。

画像: ちょっぴりレトロなフィンガーウェーブがオシャレ

大胆なヘアピンでデコラティブに

 インフルエンサーのブリタニー・グザビエは、デコラティブなヘアピンで飾って、グロッシーな質感に仕上げたフィンガーウェーブヘア。メイクでもバサバサまつ毛とグリッターリップでグラムなムードをプラス。

アップヘアに合わせてシックに仕上げて

 映画『キングスマン』のソフィア・ブテラは、アカデミー賞のアフターパーティでシックなフィンガーウェーブヘアを披露。すっきりとまとめたタイトなアップヘアと前髪のフィンガーウェーブの相性も抜群。

Wウェーブでフューチャリスティックに

 モデル兼デザイナーのサミ・ミロは、センターパーツにした前髪を細かいフィンガーウェーブにしてフューチャリスティックに仕上げて。キラリと光るパーツがついたアクセサリーを両サイドに1つずつ取り入れてアクセントに。

ウェーブに合わせてアクセを効かせて

 モデルのヨヴァンナ・ヴェンチュラは、大きめにつくったフィンガーウェーブのうねりに合わせてパールのピンをセットした技アリテク。ヘアアクセに合わせてピアスもパールで合わせたのもオシャレ。

さりげないスパンコール使いがカワイイ

 フィンガーウェーブから流れるように続くゆるめのウェーブヘアを組み合わせてオシャレに。目を引く大ぶりなヘアアクセではなく、あえてさりげないスパンコールを選んでキラキラとした輝きを取り入れて。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.