ミュージカルの祭典であるトニー賞の授賞式が新型コロナウイルスにより延期されることが決定した。(フロントロウ編集部)

トニー賞の延期は史上初

 2020年6月7日にニューヨークのラジオ・シティ・ミュージックホールで開催される予定だったミュージカルの祭典トニー賞。ミュージカル界で最も権威があると言われ、2020年で74回目となるトニー賞だけれど、現在世界中で蔓延している新型コロナウイルスのため延期されることが決定した。

画像: 2019年のトニー賞授賞式の様子。

2019年のトニー賞授賞式の様子。

 トニー賞のオフィシャルサイトでは延期のアナウンスとともに「ブロードウェイ・コミュニティ、アーティスト、ファンたちの健康と安全が私たちにとって最も重要なことです。ブロードウェイが再開したら、新しい日付と情報をアナウンスします。安全に行なうことが出来る時にブロードウェイと私たちの業界をお祝いすることを楽しみにしています」というコメントを発表している。

 トニー賞は1947年にスタートするもこれまで延期されたことはなく、74年の歴史の中で延期するという決断は今回が初めて。

 現在ミュージカルの本場であるニューヨークでは非常事態宣言が発令されているため、ブロードウェイは4月12日まで全ての公演を中止。そんななか、残念ながらトニー賞も授賞式の延期されることとなった。

 またそのほかにも、毎年5月の第1月曜日に行なわれるファッションの祭典メット・ガラをはじめ、5月12日~23日にフランス・カンヌで行なわれる予定だった世界3大映画祭の1つであるカンヌ国際映画祭、3月22日にロサンゼルスで開催予定だったニコロデオン主催のキッズ・チョイス・アワードや、4月29日に米ラスベガスで行なわれる予定だったビルボード・ミュージック・アワードなどが新型コロナウイルスのため、続々と中止や延期が決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.