2020年3月20日に発売され、ハリウッドセレブを含む世界中のファンを魅了しているNintendo Switch用のゲーム『あつまれ どうぶつの森』。自由なカスタマイズ機能を使って、ゲーム内であの有名な映画を完全再現しているファンが増殖中!(フロントロウ編集部)

ハリウッドセレブもドハマり!どうぶつの森

 任天堂の大人気ゲーム『どうぶつの森』シリーズ最新作、『あつまれ どうぶつの森』。2020年3月20日に発売され、わずか3日間でNintendo Switch用のソフトとしては、歴代1位の売り上げを記録した。

画像: ハリウッドセレブもドハマり!どうぶつの森

 海外では「Animal Crossing(アニマル・クロッシング)」というタイトルで親しまれており、新型コロナウイルスの影響により自宅隔離しているハリウッドセレブもドハマり中。映画『キャプテンマーベル』のブリー・ラーソンや、元ディズニー・チャンネル・スターのディラン・スプラウスなども、楽しくプレイしている様子をSNSに投稿している。

 そんな中、海外の猛者たちはゲームの中の自由なカスタマイズ機能を使って、「ある映画」の雰囲気を完全再現している。

思わず真似したくなる「あつ森」&ホラー映画の共演

 海外プレイヤーの間で流行しているのは、ホラー映画の雰囲気やワンシーンをつくること。なかでも完成度の高かったホラー映画は、大流行のホラー映画『ミッドサマー』。

 主人公にそっくりの女の子が、夏至祭への来場を無邪気に喜んでいる姿は、これが『どうぶつの森』だと知っていてもちょっとブキミ。

 さらに、本編のダンスシーンや、みた人にはわかるあのおぞましいシーンまで、なんとものんびりな雰囲気で完全再現。

 可愛いのに怖いというアンビバレント(※)な感情をかき立ててくれて、逆に真似して作ってみたくなる。
※ある物事に対して、全く反対の感情を同時に抱くこと。「愛憎」など。

 また、他のファンはスティーヴン・キング原作、ジャック・ニコルソン主演の『シャイニング』を完全再現。映画の舞台となった「オーバールック・ホテル」の床のパターンを作り出し、劇中に登場する双子風の衣装を完成させた。

 そして、まさかのホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』から、ラストの方のあのシーンを再現しているファンまで。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は1999年に公開された映画で、魔女を見つけに森へ行った大学生が行方不明になるという、ドキュメンタリータッチの作品。

※左の画像が『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の再現。

 これ以外にも、日本未公開の映画『ポートレイト・オブ・ア・レディー・オン・ファイアー(Portrait Of A Lady On Fire)』や、『ザ・ライトハウス(The Lighthouse)』などを再現したもの、ゲームのドット絵作成機能で、ホラー映画のポスターを『どうぶつの森』用に作った人まで現れている。

 好きな映画の世界観を作るもよし、好きなシーンを作るもよしの『あつまれ どうぶつの森』。高い自由度を利用して、好きな映画とコラボしてみては?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.