『ハリー・ポッター』でドラコ親子を演じたトム・フェルトンとジェイソン・アイザックスがビデオ通話をした様子をインスタグラムに公開。(フロントロウ編集部)

お互いの自宅からビデオ通話

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、欧米の多くの地域で外出禁止令が出され、自宅隔離が実施されている。しかし自宅に閉じこもることで、社会的に孤立することは良くないとして、様々な組織や著名人が、家族や友人と連絡を取りあうようアドバイス。

 英国赤十字社もPower Of Kindness(優しさの力)というハッシュタグのキャンペーンをしており、映画『ハリー・ポッター』シリーズでルシウス・マルフォイを演じたジェイソン・アイザックスとコラボした。そこでジェイソンは、ある人に電話をかけることにした。それは、“息子”トム・フェルトン

 『ハリー・ポッター』シリーズきっての憎まれっ子ドラコ・マルフォイを演じたイギリス出身のトムは、現在アメリカのカリフォルニア州にある自宅で過ごしているそう。ビデオ通話の初めでは、トムがカメラを起動させるのに手こずり、全然顔を表さないことをジェイソンがイジるなど、本当の父と子のような自然なやりとりを見せた。

トム・フェルトンが今思うこと

 年が24歳離れている2人だけれど、家にずっといなくてはいけない時にすることは、誰でも同じよう。この機会にすべての動画配信サービスに登録したというジェイソンとトムは、現在欧米で大ヒットとなっているNetflixドキュメンタリーの『タイガーキング: ブリーダーは虎より強者?!』にハマっているそう。しかもなんとトムは、同作の主役タイガーキングに偶然遭遇したことがあるそうで、その事実を明かしてジェイソンを驚かせていた。

 またトムは、全世界の人々に影響が続く現在の状況を、こう分析した。

「今は、混乱と絶望の時だよね。でも、クリエイティブになって、例えば地元のフードバンクを助けることができる時でもある。自分たちの人生をどう生きるか、僕たちはこれを再定義しているんだ」

本当の親子のように仲が良いトムとジェイソン

 トムとジェイソンは、プライベートでも非常に親しくしており、ジェイソンはたびたび“息子”へのメッセージを送っている。2019年9月23日にトムが32歳の誕生日を迎えた際には、遊園地のような場所で一緒にアトラクションを楽しむ写真を投稿。誕生日メッセージの最後は、「悪いパパより」という言葉で締められていた。

 しかもその1ヵ月前にも、ジェイソンはトムと一緒にプライベートな時間を過ごす様子を公開しており、2人の“親子”の絆はかなり深いことが感じられる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.