アメリカのニューヨークに住む1組の男女の物語が、現在進行形で世界中の人々をワクワクさせている。(フロントロウ編集部)

向かいのビルの屋上にいた女性に一目ぼれ

 新型コロナウイルスで外出禁止令が出されているニューヨークに住むジェレミーは、ある日、道を挟んだ隣のビルの屋上で踊る女性を見かけた。フォトグラファーであるジェレミーは、そんな女性に心奪われてしまったそう。自宅隔離している自分の部屋から、彼女に挨拶として手を振ったジェレミー。そしてどうにか彼女と連絡を取るために、あることを実行する。

 紙にペンで自分の携帯電話の番号を記したジェレミーは、それをドローンに張りつけて彼女のもとへ飛ばした! すると、ドローンはちゃんと彼女のもとへ。ジェレミーの一味違うアプローチは、自宅隔離中の彼女も楽しくさせたようで、女性もジェレミーに連絡。彼女は、トーリという名前だそう。ジェレミーとトーリの物語は、これでは終わらない。

外出自粛中にデートに行く方法

 トーリと連絡を取り合うようになり、仲良くなったジェレミーは、トーリをデートに誘った。しかし外は、新型コロナウイルスで混沌とする世界。そこでジェレミーがセッティングしたのは…?

 ジェレミーの家のバルコニーにセッティングされたディナー。しかし、自宅にいるトーリがジェレミーの家に来られるはずはない。すると、向かいのビルの屋上には…、これまた1人用にセッティングされた席でディナーを取るトーリの姿が! 2人はビデオ通話をしながら一緒に食事をして、ジェレミーはトーリに向かって「君は美しい!」と叫ぶなど、ラブロマンス映画でもなかなか見られない、個性的で超良いムードなデートを楽しんだ。ちなみにトーリの席は、彼女のルームメイトにサプライズでセッティングしてもらっておいたそう。

でも直接会いたい、そこで…

 こうなってくると、直接会いたくなってしまうのは自然なこと。しかしお互いを気づかうからこそ、今は会えない…。そこでジェレミーは、おもしろすぎる防護服をゲットした。それは、自分が入れる大きさの大きなビニールのバブル! そこに入って、彼はトーリに会いに。トーリのための花束も持って行ったジェレミーだけれど、一緒にバブルに入ってしまったために手渡せないというお茶目なミスをしながらも、一緒にお散歩デートを楽しんだ。

 ジェレミーとトーリの一連の動画は、SNS上で爆発的に大人気に。テレビにも取り上げられ、“バブル”に入ったジェレミーが警察に止められるというハプニングが発生した時にも、警察官がジェレミーは誰だか知っていたほど。ジェレミーは、動画の第4弾も作る予定だそうで、彼とトーリの進展は、暗いムード漂うなかで多くの人をワクワクさせている。

 (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.