新型コロナウイルスの影響で、自宅でニュース番組の撮影をしていたリポーターの後ろに、撮影をしているとは知らなかったパパの姿が! しかも裸で…。(フロントロウ編集部)

テレワークあるある?家族が後ろに…

 アメリカのテレビ局SNNでリポーターとして働くジェシカは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅からニュースを読み上げていた。しかし、撮影を担当していた母のダイアナの様子がおかしくなったことに気がついたジェシカが後ろを見ると…?

 なんと、ジェシカの父が上半身裸のまま部屋に入ってきてしまった! Tシャツを着ている途中だったジェシカの父は、急いでTシャツを着て、部屋の後ろに下がっていったけれど、時すでに遅し。ジェシカも、まさか父がそんな恰好で登場するハプニングが起きるとは思っていなかったようで、「パパ!なにやってんの!?」と絶叫。

 幸いなことに、この映像は生放送用ではなかったようで、父の裸がテレビで映し出されることは阻止できたようだけれど、その後ジェシカはツイッターに映像を投稿。「家で働きなよって彼らは言ったの。大丈夫だからって」とだけコメントし、ジェシカがテレワークしても大丈夫だと言った家族が起こしたハプニングに、恨み節をのぞかせた。

テレワークが進むアメリカ

 新型コロナウイルス対策のため、アメリカではすでに多くの人々が在宅勤務に移行している。それは例えテレビの撮影でも同じこと。

 ジミー・ファロンが司会を務める人気トーク番組『The Tonight Show(原題)』も、ジミーがゲストたちとテレビ電話でトークを行なっており、これまでにキム・カーダシアンデミ・ロヴァートジェニファー・ガーナーや、Netflixドキュメンタリー『クィア・アイ』のジョナサン・ヴァン・ネスなどが出演している。

 多くのセレブが、自宅から何かしらの番組に出演する先には、自分1人になれる部屋を撮影場所に選んでいるようなので、リポーターのジェシカも、今度からはキッチンではなく自分の部屋で鍵を閉めて撮影するのが正解かもしれない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.