海外でも大フィーバーしている任天堂の人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』。ある有名セレブの島に行ける「パスワード」が流出した結果、悲劇が起きてしまった。(フロントロウ編集部)

人気セレブの『あつ森』パスワードが流出

 任天堂から発売された『どうぶつの森』シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』(以下『あつ森』)。発売からわずか3日でNintendo Switch用のソフトとして歴代1位の売り上げを記録した同作には、ハリウッドで活躍するセレブたちもハマっている。

画像: ©Tokyoluv/Instagram

©Tokyoluv/Instagram

 Netflixのオリジナルドラマ『13の理由』で、メインキャラクターの1人であるザック・デンプシー役を演じている俳優のロス・バトラーも、新型コロナウイルスの拡大防止のための外出自粛生活を続けるなかで『あつ森』にどハマり。自身が操るキャラクターが移住してきた無人島を日々コツコツと開拓して、理想の島を築き上げている。

画像: ロス・バトラー。Netflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』の続編『好きだった君へ: P.S.まだ大好きです』や映画『シャザム!』にも出演。

ロス・バトラー。Netflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』の続編『好きだった君へ: P.S.まだ大好きです』や映画『シャザム!』にも出演。

 そんなある日、Netflixのオリジナル映画『好きだった君へのラブレター』でブレイクした俳優で、ロスとプライベートでとても仲が良いことで知られるノア・センティネオが、ロスへのイタズラを決行。

画像: ノア・センティネオ。20代~30代の女性にカリスマ的人気を誇る彼は映画『チャーリーズ・エンジェル』にも出演。

ノア・センティネオ。20代~30代の女性にカリスマ的人気を誇る彼は映画『チャーリーズ・エンジェル』にも出演。

 フォロワー数が158万人を超える自分のツイッターを通じて、ロスの島に行ける「パスワード」を意図的に流出させ、「僕は『あつ森』はやってないんだけど、ロス・バトラーはプレイしてるよ。最近、超寂しい思いをしてるから、新しい友だちが欲しいんだって…僕の代わりに挨拶してやって」とコメントした。


見知らぬプレイヤーたちからの訪問希望が殺到

 『あつ森』には、「ドードーエアラインズ」という名前の航空会社が登場し、プレイヤー同士が飛行機を使って島を訪問し合うというマルチプレイが楽しめる。

画像: ©tokyoluv/Instagram

©tokyoluv/Instagram

 お互いにフレンド登録していないプレイヤーを招待したい場合には、空港でランダムに発行される「パスワード」を相手に知らせることで自分の島に招待することができるのだが、『あつ森』をプレイしていないというノアは、おそらくロスから「一緒にやろう」と誘いを受けた際に送られてきたであろう「パスワード」の表示画面の写真を悪用。

 このノアのイタズラにより、ロスの島には、彼とバーチャルで対面したいと願うたくさんのプレイヤーが殺到した。

 これに対し、ロスは「世界中の人たちを僕の島に招待してくれてありがとう、ノア」と皮肉めいたお礼コメントで反応。

 その後、見ず知らずのプレイヤーたちとの交流の様子をインスタグラムストーリーを使って公開し、「ノアのおかげで僕の島に新しい友だちが来てくれた。彼らはひたすら拍手したり、騒いだり、やんちゃをしている」と報告した。

画像1: ©Ross Butler/ Instagram

©Ross Butler/ Instagram

 島を訪問できるのは、1度に8人までと制限されているため、彼の島が見知らぬユーザーの大群に占領されるということはなかったのだが、プレイヤーたちが去ってから、ロスは自分の島に起こったある“変化”に絶句することに。

 なんと、あるプレイヤーのやんちゃすぎる行いにより、ロスが大切に育てていた花壇の花が踏み潰されてしまっていた…。

画像2: ©Ross Butler/ Instagram

©Ross Butler/ Instagram

 この悲劇に「見てくれよ、花が踏み潰されてる! 訪問者たちが僕の庭を踏み荒らしていったよ…」と残念そうにボヤいていたロス。

 パスワードは1度限り有効なため、その後は、ロスの島には望まれない訪問者は来ていないようだけれど、ほかのプレイヤーの島を訪問する場合、勝手にアイテムを取ったり、荒らしたりしないようにするというのは守るべき最低限のルール。ロスの島が今後荒らされたりすることが無いよう祈るばかり。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.