ブルース・ウィリスが26歳娘のヘアカットを自ら担当。「おそろいの髪型」に仕上げた。(フロントロウ編集部)

ブルース・ウィリス、娘とおそろいの髪型に

 映画『ダイ・ハード』シリーズへの主演などで日本にも多くのファンを持つ俳優のブルース・ウィリスは、元妻で同じく俳優のデミ・ムーアや彼女との三人の娘たちとそのパートナーらとともに新型コロナウイルス感染拡大防止のための自己隔離を行なっている。

 ブルースとデミは、1987年に結婚し、その11年後の1998年に破局を発表。2000年に離婚が成立したが、その後も家族として良好な関係を続けている。

 ひとつ屋根の下での隔離生活が続くなか、ブルースとデミの三女で、俳優のタルーラ・ウィリスが長くなってきた髪をカットし、丸坊主へアにすることを決意。

 美容師役を買って出たのが、ブルースとタルーラの5歳年上の姉でブルースの長女である俳優のルーマー・ウィリスだった。

 タルーラは、さっぱりとした坊主へアに変身した写真をインスタグラムで公開したあと、父ブルースによる散髪風景を収めた動画を公開。そこには、真剣な表情でタルーラの頭にシェーバーを滑らせ、何かをつぶやきながら、熱心に彼女の毛を刈るブルースの姿が映し出されていた。

 丸坊主スタイルが定番となっているブルースと、新たに丸坊主へアに変身したタルーラが並んで写った写真や動画は現時点では残念ながら公開されていないものの、タルーラ自身も彼女の姉たちも彼女の新ヘアの出来栄えに満足しているようす。かなり手慣れた様子でタルーラの毛を剃っていたブルースだけれど、それは、もしかすると、普段から自分の髪の毛を自分で手入れしているから? (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.