活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーであるナイル・ホーランとリアム・ペインが、テレビ電話の誘いに乗ってくれないほかのメンバーをイジり倒した。(フロントロウ編集部)

ナイルとリアムのテレビ電話が実現

 2016年3月から活動を休止しているワン・ダイレクション(以下1D)のメンバー、ナイル・ホーランリアム・ペインがそれぞれの自宅からテレビ電話を通じてインスタグラムのライブ配信を実施し、他愛もない会話を繰り広げた。

画像: リアム・ペイン(左)とナイル・ホーラン(右)。

リアム・ペイン(左)とナイル・ホーラン(右)。

 現在、新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、イギリスのロンドンにある自宅で隔離生活を送っているナイルとリアム。どうやら、今回、ライブ配信を実施するにあたって、1Dの残りのメンバーであるルイ・トムリンソンハリー・スタイルズにも声をかけたにもかかわらず、断られてしまったようで恨み節を口にした。

リアム:僕たち“3人”でのフェイスタイム(※ビデオ通話アプリ)はなかなかいい感じだね。

ナイル:なんか笑っちゃうよね。(外出禁止で)僕たちみんな暇で何もすることがないはずなのに、ほかのメンバーは誘っても全然参加してくれない。ルイなんてどうせ家でタバコを吸いながら、ビールを飲んでるだけだよ。まあ、僕も昨日まったく同じことをしてたけど(笑)

ナイルはあまり変わっていないが、リアムは以前と比べてずいぶんと髪の毛が伸びた印象。

 渡航規制でイギリス行きの飛行機がキャンセルになり、アメリカで足止めを食らっているハリーは、時差の関係もあるので参加できないのはともかくとして、ルイは2人と同じくロンドンにいるため時差は関係ない。にもかかわらず、誘いに応じなかったルイを「どうせ家にいて暇なくせに」と2人でイジり倒した。

 ちなみに、今年の3月で活動を休止してから丸4年が経った1Dだが、今年7月に結成10周年を迎えることから、水面下で「1D復活計画」が進行している。今回のナイルとリアムのライブ配信でその件について触れることはなかったが、リアムは先日人気DJのアレッソと一緒に行なったインスタグラムのライブ配信で、ほかのインタビューで色々と話すぎたことをルイに叱られたため「(復活計画については)あまり多くは語れない」としつつ、復活に向けてメンバー間で話し合いを行なっていることを明かしていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.