Netflixで見られる、「戦闘系」の女性が登場するアクション映画やドラマを厳選してご紹介!戦いに身を投じる女性たちの溢れる熱気で、やる気をチャージしよう。(フロントロウ編集部)

映画『クロース:孤独の女性ボディガード』

 2019年公開のNetflixオリジナル映画『クロース:孤独の女性ボディガード』は、鍛え上げられた女性ボディーガードが大富豪の遺産相続人となった令嬢を守るというアクションスリラー作品。主人公は、ジャッキー・デイビスという実在のボディーガードをモデルにしており、彼女のクライアントには、ニコール・キッドマンやJ.K.ローリングなど著名人がズラリ。襲い来る強盗から身を守り、少女に護身術を教える姿がカッコ良すぎる。


ドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』

 Netflixのオリジナルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』は、マーベル・コミックスの同名キャラクターを主人公にしたアクション作品。現在第3シーズンまで配信済み。本作は、高い身体能力を誇るスーパーヒーローだったジェシカが、ある事件によりヒーローをやめ、ニューヨークのヘルズ・キッチンで私立探偵業を営みつつ悪と戦うというストーリー。ダークな世界観と、ジェシカの美しく強靭な身のこなしに惚れ惚れする。


映画『アトミック・ブロンド』

 『アトミック・ブロンド』は、シャーリーズ・セロンを主人公に迎え2017年に公開されたスタイリッシュ・アクション映画。監督は、映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』や『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ。シャーリーズは腕利きのスパイ、ロレーンを演じ、アクロバティックな戦闘シーンを見事やりきった。彼女は本作の稽古をしていたとき、あまりのハードさに歯を食いしばり過ぎて、歯が欠けてしまったそう。そのエピソードにも納得の激しいアクションをぜひ。


ドラマ『QUEEN OF THE SOUTH/クイーン・オブ・ザ・サウス ~女王への階段~』

 麻薬カルテルに恋人を殺されてしまった平凡な女性が、裏世界の女王に成り上がる! まるでドラマ『ブレイキング・バッド』のような緊張感あふれる本作では、復讐心を燃やし、麻薬取引に手を染め、マフィアたちの全面戦争に巻き込まれながらも強くたくましく生きていく女性の姿を見ることができる。アメリカ本国でも好調な視聴率を維持しており、そのスリリングかつ危険すぎるストーリーに必ず引き込まれるはず。


映画『スパイク・ガールズ』

 これまで紹介した作品とは一味違う『スパイク・ガールズ』は、スポ根のバレー部が襲い来る犯罪集団に立ち向かう、はちゃめちゃアクション・コメディ。試合を終えた彼女たちの乗ったバスが迷い込んだ森の先にあったのは、なんとスラッシャー映画『悪魔のいけにえ』のような殺人鬼たちが住みつく恐ろしい村だった! かなりおバカな内容ではあるけれど、グロ要素もあるので、苦手な人はご注意を。


映画『プラウド・メアリー』

 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』製作陣が贈るスタイリッシュ・アクションの『プラウド・メアリー』。本作の主人公はタフで美しいマフィアの殺し屋のメアリー。ノリノリな音楽とスピード感のあるガンアクションは、見ていて爽快感バツグン! 「仲間殺し」をしてしまい、組織から命を狙われることになったメアリーは、絶対に守ると決めた少年と共に、手強い敵の中を突っ切っていく。

 「戦闘系」女性たちのたくましく執念深い姿は、見ているものに元気をくれる。ぜひ、戦う女性の作品で元気をチャージして。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.