ラッパーのオフセットが、ナイキの未発売のスニーカーをいち早くゲット。今回オフセットがお披露目したナイキと「あのクマ」がコラボしたスニーカーとは?(フロントロウ編集部)

オフセットが未発売のスニーカーを公開

 2019年のグラミー賞で、女性アーティストとして史上初めて最優秀ラップ・アルバム賞を受賞したカーディ・Bを妻に持ち、28歳にして4人の父親である、ミーゴスのオフセットは、スニカーマニアとしても知られており、これまでにも数々のレアなスニーカーをいち早く手に入れてきた。

 そしてつい最近も、オフセットは自慢気にある1足のナイキ(Nike)のスニーカーを自身のインスタグラムのストーリーズで公開。イエローベースでナイキのマークであるスウッシュやソールがスカイブルーとなっているこのスニーカー。

画像: オフセットが未発売のスニーカーを公開

 知らない人が見れば、ド派手なスニーカーという印象で終わるかもしれないけれど、じつはこのスニーカー、まだ世に出回っていない貴重なスニーカーなのだ。このスニーカーは、ナイキとアメリカのロックバンドであるグレイトフル・デッドのマスコットキャラであるダンシング・ベア(別名デッド・ベア)とコラボした1足。

 グレイトフル・デッドのサウンドエンジニアだったオウズリー・ベア・スタンリーが選曲したアルバム『History of the Grateful Dead, Volume One(Bear’s Choice)』のアートワークで使用されたことにより誕生したダンシング・ベアは、オリジナルのグッズもリリースされており、サイケなクマとして人気を博している。

 そんなナイキとダンシング・ベアのコラボスニーカーは、ナイキSBの人気スニーカーモデル「ダンク」のローカットをベースに、ダンシング・ベアの毛並みが表現されたようなモフモフな生地が使われており、シュータン部分にはスウッシュをバックに立っているダンシング・ベアが。

 リークされた写真では、オフセットが持っていたイエローをはじめ、スカイブルーやライトグリーン、オレンジ、ピンクの5色のスニーカーが存在することが確認されており、サイケデリックなカラーが並ぶ。

 ナイキとダンシング・ベアがコラボしたスニーカーのリリース日はまだ正確に発表されておらず、2020年夏にリリースされるとの声が多いため、今回オフセットが持っていたスニーカーはかなりレア。

 ちなみにナイキとダンシング・ベアのコラボは今回が初めてではなく、2006年にもコラボしている。果たして今回のナイキとダンシング・ベアのスニーカーは、何色展開で価格はどれくらいになるのだろうか。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.