『パイレーツ・オブ・カリビアン』の新作が、マーゴット・ロビー主演で始動か。(フロントロウ編集部)

マーゴット・ロビー主演でパイレーツが帰ってくる

 2003年に第1作目となる『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』が公開され、ジョニー・デップが主役ジャック・スパロウを演じて大ヒットした『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、現在リブート作品が制作中。

 そしてさらに、マーゴット・ロビー主演で別の新たな『パイレーツ・オブ・カリビアン』が制作されるようだと、米Hollywood Reporterなど各メディアが報じている。

画像: マーゴット・ロビー主演でパイレーツが帰ってくる

リブート版とは別作品のマーゴット版パイレーツ

 マーゴット版の作品は、ジョニー版『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスピンオフというわけではなく、まったく新しいストーリーに、新しいキャラクターが登場するという。

 そして脚本を務めるのは、これまたマーゴット主演で大ヒットした映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の脚本家であるクリスティーナ・ホドソン。マーゴットとクリスティーナがふたたびタッグを組むのかと、多くの映画ファンが歓喜している。

 現在、『パイレーツ・オブ・カリビアン』はリブート版がすでに制作進行中で、この作品では、ドラマ『チェルノブイリ』のクレイグ・メイジンと、オリジナル版の第1作目から4作目の脚本家であるテッド・エリオットが脚本を担当。

 そして、有名プロデューサーでありオリジナル版のプロデューサーも務めたジェリー・ブラッカイマーが、リブート版もマーゴット版も担当すると見られる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.