2017年に放送終了した大人気ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』で有名な、口に人差し指を当てて「シー」というポーズは、実はアドリブで誕生したものだった。(フロントロウ編集部)

“嘘と秘密”がメインテーマの人気ドラマ

 ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』は、2010年から2017年にわたって放送された大人気ドラマ。『PLL』という略称でも親しまれている。

画像1: ©️ABC FAMILY

©️ABC FAMILY

 舞台は米ペンシルベニア州の架空の町、ローズウッド。ある日、そこで暮らす仲良しの女子高生五人組のひとりアリソンが謎の失踪を遂げる。それから一年後、残されたスペンサー、アリア、エミリー、ハンナの元に“A”と名乗る正体不明の人物から、彼女たちの重大な秘密にかかわる内容のメールが届き始める、というストーリー。 

 アリソン役をサーシャ・ピーターズが、スペンサー役をトローヤン・ベリサリオが、アリア役をルーシー・ヘイルが、エミリー役をシェイ・ミッチェルが、ハンナ役をアシュレイ・ベンソンが演じたことで大きな話題を呼び、彼女たちはいまやトップセレブ。「嘘と秘密」をテーマに繰り広げられるスリリングな内容と、そのストーリーをいっそう魅力的にするメインキャストの演技は、多くのファンの心を掴んだ。 

画像2: ©️ABC FAMILY

©️ABC FAMILY

 『プリティ・リトル・ライアーズ』はもともとアメリカの作家サラ・シェパードの小説『ライアーズ』シリーズを原作にしたドラマ。本作は、日本語にも翻訳され出版されている。

 そんなドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』でお馴染みの、口に人差し指を当てて「シー」というポーズ、実はアドリブだったと知っている?

偶然誕生した『プリティ・リトル・ライアーズ』の「シー」

 人差し指を口にあてて“内緒ね”と言うかのように「シー」とするポーズは、『プリティ・リトル・ライアーズ』の中でも象徴的なもの。オープニングで流れるワルツ調の曲の最後に、登場人物の1人がクローズアップされて「シー」とする姿は、いつ見ても魅力的だった。

画像3: ©️ABC FAMILY

©️ABC FAMILY

 このアイコニックなポーズは、アリア役のルーシーがアドリブで入れたもの。ルーシーは、米Cosmopolitanで、「あのポーズは瞬間的に思いついたアイデアで、たまたま完成版に残ったもの」だと告白。本作の衣装デザイナーであるマンディ・ラインは、そのことについて、「完璧なタイミングだった!」と大絶賛した。

 ところが、ルーシー本人はあのシーンをあまり気に入ってはいないよう。なざなら、「シー」っとした人差し指が、唇の中央から少しずれてしまっているから。彼女は自身のツイッターで、「(『プリティ・リトル・ライアーズ』の)イントロで私の人差し指が真ん中に無いって気づいた人いる? うん、あれはほんとに私をイライラさせる」と明かした。

 一方で、本作に出演した主要キャスト6人は、全シリーズの撮影が終わった後、人差し指のつけ根にそれぞれ自分のキャラクターのイニシャルのタトゥーを入れた。ルーシーも、アリアのイニシャルである「a.」と指のつけ根あたりに彫っていて、とってもお似合い! 

Instagram

www.instagram.com

 今度『プリティ・リトル・ライアーズ』のキャラクターを演じたセレブを見つけたときは、是非その人差し指に注目してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.