映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に登場したシス・トルーパーの中の人は、J・J・エイブラムス監督と親交の深いあの人だった。(フロントロウ編集部)

シス・トルーパーの衣装を着たあの人

 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の監督を務めたJ・J・エイブラムスが、6月27日に54歳の誕生日を迎えた。

 これまでに『スター・ウォーズ』シリーズのほかにも、『スター・トレック』や『ミッション:インポッシブル3』など、数多くのヒット作を世に送り出してきた監督の誕生日には、多くの関係者やファンがお祝いの言葉を贈り、そのなかには旧友で作曲家のマイケル・ジアッチーノも。マイケルは、「誕生日おめでとう、友よ」というコメントとともに、ある1枚の写真をツイッターに投稿した。その写真でのマイケルの姿は…?

 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のシス・トルーパーの衣装! この写真を見たユーザーからは、シス・トルーパー役で映画に出ていたのかと質問するコメントが相次いだ。

 マイケルはそれらの質問に答えていないのだけれど、じつは彼、エイブラムス監督による2015年の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではストームトルーパー役で出演しているため、今回の写真が投稿されたことで、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ではシス・トルーパー役だったのかと納得しているファンが多い。

他の作品にもカメオ出演しているマイケル

 エイブラムス監督は既出の2作品に加え、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の3作品の監督を、そしてマイケルは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の音楽を担当しているけれど、『スター・ウォーズ』シリーズで2人が一緒に仕事をしたことはない。しかし『ミッション:インポッシブル3』や『クローバーフィールド/HAKAISHA』、『スター・トレック』など多くの作品で一緒に仕事をしてきた。

 そんなエイブラムス監督の作品にマイケルがカメオ出演するのはこれらが初めてではなく、2011年にエイブラムス監督が手掛け、マイケルが音楽を担当した映画『SUPER8/スーパーエイト』でも、マイケルはカメオ出演している。

 ちなみにマイケルは、エイブラムス監督のほかにも、『猿の惑星:聖戦記』のマット・リーヴス監督の作品にも参加することが多く、2021年公開予定の『ザ・バットマン』の音楽も手掛けることが決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.