人気ドラマ『glee/グリー』のあるエピソードの劇中に“ヤバいもの”が堂々と映っているのをTikTokユーザーが発見。放送から8年越しに見つかった、一度見たら頭から離れなくなってしまうものとは? (フロントロウ編集部)

『グリー』の劇中にしれっと映っていたもの

 笑いあり、涙あり、そして歌&ダンスありなエンターテイメント性の高い作品で、幅広い層の視聴者を魅了したドラマ『glee/グリー』(以下『グリー』)。2009年5月から2015年3月にかけて全121話が放送された同作は、エミー賞やゴールデン・グローブ賞など、数々の賞を受賞し、放送終了から5年が経った現在も、何度も見返してしまう根強いファンを持つほどの人気を維持している。

画像: 『グリー』の劇中にしれっと映っていたもの

 昨今では、映画やドラマの劇中に映り込んでしまった、ありえない物や設定ミスを見つけた目ざといSNSユーザーが、自分の発見を世の中に拡散して注目を集めることが多いけれど、2012年にアメリカで放送された『グリー』のとあるエピソードにも、あるまじき物が、しかも、結構堂々と映っていることが判明して世間をざわつかせている。

 あるTikTokユーザーが報告したのは、『グリー』のシーズン4の「Thanks Giving(サンクス・ギビング/原題)」と題されたエピソードのワンシーンに映った、いくつもの不気味な物。

 同エピソードは、州大会に臨むウィリアム・マッキンリー高校の合唱部「ニュー・ディレクションズ!」のメンバーを応援するため、ダイアナ・アグロン演じるクイン、ナヤ・リヴェラ演じるサンタナ、ハリー・シャム・ジュニア演じるマイク・チャン、故マーク・サリング演じるパックら卒業生たちが戻って来るというストーリー。

 たくさんの観客が集まった客席が映されたシーンをよく見ると、なんと、人間のエキストラに混じって、いくつものダミー人形が腰を下ろしているのが確認できる。

@kellysipos

THIS NEEDS TO BE SEEN. IM TERRIFIED. RYAN MURPHY EXPLAIN. ##foryou ##viral ##glee

♬ original sound - kellysipos

 「観客席にダミー人形がまぎれ込んでいることに、気づいちゃった。まるで蝋人形の館みたい…」とコメントし、「これはみんな見るべき。ライアン・マーフィー、どういうことか説明して!」とプロデューサーを務めたライアン・マーフィー氏に問いかけたこのユーザーの投稿には、たくさんの『グリー』ファンから驚きのリアクションが。

画像: ©TikTok/ Kelly Sipos

©TikTok/ Kelly Sipos

 「なんで、今まできづかなかったんだろう?」、「製作費が足りなかったのかな?」といった声が上がるとともに、「こういうエピソードでは、エキストラのギャラを節約するために、よく使われる手なんだよ」、「ドラマ『The Office(ザ・オフィス)』でもやってた。こんなにあからさまじゃなかったけど」と、テレビ番組についてよく知っているというユーザーからの、“さして驚く事ではない”といった冷静なコメントも寄せられた。

 一度発見してしまうと、もう頭から離れなくなってしまうダミー人形の存在。『グリー』のほかのエピソードや、あなたのお気に入りのドラマのワンシーンにも潜んでいるかも? (フロントロウ編集部)

 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.