フランス映画『キューティーズ!』のNetflix版ポスターが、幼い子供達を性的に描いたとして問題になり、Netflixが謝罪した。(フロントロウ編集部)

『キューティーズ!』Netflix版ポスターが大炎上

 2020年のサンダンス映画祭でワールド・シネマ・ドラマティック・ダイレクティング賞を受賞したマイモウナ・ドゥクレ監督による、11歳の少女が主人公のフランス映画『キューティーズ!』が、Netflixで9月9日より配信される。しかし、配信に先立ちNetflixが公開したポスターが問題となり、Netflixが謝罪した。

 本作は、ムスリムの家庭に生まれた少女エイミーがダンスをする少女たちと出会い、変化していくというストーリーなのだけれど、フランスで公開されていたオリジナルポスターと、Netflixが公開したポスターの比較がこちら。

 フランスのポスターでは少女達が楽しそうにはしゃいでいるのに対して、Netflixのポスターでは、少女達が露出したダンス衣装でセクシーなポーズをキメている。Netflixのポスターは、まだまだ幼い少女達に対するセクシャライゼーションであるとしてかなり大きな問題となり、批判の声が相次いだ。

 セクシャライゼーション(sexualization)やハイパーセクシャライゼーション(hyper sexualization)とは、人を性的なものとして描くこと。頻繁に問題となるものでは、ゲームやマンガなどで、女性キャラクターの身体や衣装が過剰に性的に描かれていることが多いことなどがある。

 Netflixによる『キューティーズ!』のポスターも、女性を性的に描いているうえ、その女性というのが、11歳の少女達。さらに当初映画の説明文に、「11歳のエイミーは腰振りダンスのクルー達に魅了された。彼らの仲間になりたいと願い、彼女は自分の女性らしさを探求し、家族の伝統を拒否する」と書かれており、ポスターと説明文の変更を求める声があがったり、映画の配信自体を取りやめるオンライン署名が複数立ち上がったりし、1つの署名には13万人以上の賛同が寄せられるほどとなっている。

映画のテーマは真逆

 しかもこの映画のテーマは、現代の少女達がどれだけセクシャライゼーションされており、そこからプレッシャーを感じているか、というもの。つまり、Netflixのポスターは映画のテーマと真逆の事をしたことになる。

画像: サンダンス映画祭で受賞スピーチを行なうマイモウナ・ドゥクレ監督

サンダンス映画祭で受賞スピーチを行なうマイモウナ・ドゥクレ監督

 ポスターによって、映画の配信取りやめを求める声があがっていることを危惧する映画評論家も少なくなく、米Vultureで執筆活動を行なうアリソン・ウィルモアはこうツイートしている。

「えっと…、Netflixがマイモウナ・ドゥクレ監督の『Mignonnes』を買って、誤解を与えるようなポスターとあらすじをつけて、今、人々はIMDbとグーグルで調べもせずにアンチレビューを書いて、配信を止めるよう署名してるってこと?」

 この事態を受けて、Netflixはポスターを引き下げ、説明文を変更。公式に謝罪した。

「『Mignonnes(フランスでの原題)/キューティーズ』の広告が不適切だったことを、深く謝罪します。それは許容できるものでなかったうえ、サンダンスで賞を受賞したこのフランス映画を表現するものではありませんでした。ポスターと説明文をアップデート致しました」

 ドゥクレ監督は、ベルギーのメディアCineuropaのインタビューで、作品についてこう話している。

「ソーシャルメディアにおいて、非常に幼い少女達が40万人もの人々からフォローされているのを見て、私としてはその理由を理解したいと思いました。(フォローされている)理由は、彼女達は、セクシーであったり、露出の多い写真を投稿しているという事実以外に、特別なものはありません。それが、彼女達を“有名”にしたものです。今の時代では、セクシーで、性的な物であるとされればされるほど、女性はソーシャルメディアで価値を得ます。そして11歳の頃に、そのすべての仕掛けを理解することは出来ません。ただ真似をして、他の子達と同じことをするだけです。同じような結果を得るためにね。私達はこれについて、早急に話すべきです」

 『キューティーズ!』は、9月9日よりNetflixで配信開始。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.