ドラァグクイーンに憧れる少年の姿を描く大ヒットミュージカル『Everybody’sTalking About Jamie』の映画化が決定した。2021年には『ジェイミー!』として日本公開となる。(フロントロウ編集部)

『ジェイミー!』、UK発ミュージカルが映画化

 『エブリバディズ・トーキング・アバウト・ジェイミー(Everybody’sTalking About Jamie)』は、ブロードウェイと並んでミュージカルの聖地とされるイギリス、ロンドンのウエストエンドで生まれたミュージカル。

 2017年11月にイギリスのシェフィールドで初演され、絶賛の声を受けてウエスト・エンドでの上演がスタート。初演から3年以上が経った今も上演が続けられている。

 本作は英BBCのドキュメンタリー番組『Jamie: Drag Queen at 16』をもとに制作された作品で、2018年にはイギリス最高峰の演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞の5部門にノミネート、ワッツ・オン・ステージ・アワードでは3部門に輝いた。そんな作品が、待望の映画化。

映画『ジェイミー!』のあらすじ

 日本では『ジェイミー!』という邦題での公開が決まっている映画版の主人公は、ドラァグクイーンに憧れる16歳の高校生、ジェイミー・ニュー。ドラァグクイーンとは、ゴージャスなメイクときらびやかな衣装で着飾ったパフォーマーのことで、ジェイミーは母親の応援を受けながら夢に向かって前進していた。ところが、高校のプロムにドラァグクイーンとして参加しようとしたところ、クラスの友達や教師からは猛反対を受けてしまう。

 周囲からの心ない言葉やジェイミーを理解できない父親との確執などの困難と向き合いながらも、ジェイミーは自分らしく生きていくことを選ぶ。

 ノリノリな音楽と共に描かれる本作は、『キンキー・ブーツ』や『モンティ・パイソン』など数々のミュージカル映画を送り出してきたイギリスの新たなる名作となること間違いなし。

ジェイミー役にフレッシュな新人俳優

 老若男女、誰もが明るく前向きになれる作品だと言われている本作の主人公ジェイミー役を務めるのは、新人俳優のマックス・ハーウッド。

画像: ジェイミー役にフレッシュな新人俳優

 共演には映画『ある女流作家の罪と罰』や『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のリチャード・E・グラントが名を連ねる。監督は舞台版の演出を務めたジョナサン・バターレルが続投。

 映画『ジェイミー!』は、全米では2021年2月26日に公開予定。日本でも、同年に公開が予定されている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.