ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のジョー・キーリーが最高にサイコな演技で、SNSに心奪われた世代の闇を描くホラー映画『スプリー』が、OSOREZONE第一回配給作品として2021年4月23日(金)に日本公開が決定した。(フロントロウ編集部)

ジョー・キーリーがサイコなフォロワー至上主義者に

 映画『スプリー』は、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のスティーブ役で大ブレイクしたジョー・キーリーが、SNSでフォロワーを増やすことに執着するあまり、常軌を逸した行動に出る主人公をサイコな演技で魅せる、ジェットコースタースリラー。

 フォロワーを増やしたい一心のライドシェアドライバー、カート・カンクル(ジョー・キーリー)はSNSでバズらせて人生の一発逆転を狙うために、乗客を手にかけ、その様子をライブストリーミング配信するという恐ろしいアイデアを思いつく。絶対バズると意気込むカートだったけれど、「フェイクだ」「退屈だ」というネガティブな反応ばかりで全く盛り上がらない。怒りの矛先は乗客だけでなく、拡散させないインフルエンサーにまで向けられ狂気は加速していく…。

映画『スプリー』日本版予告編

小規模公開から全米9位へ!セレブも反応

 『スプリー』はサンダンス映画祭のプレミア上映で目の肥えた観客たちを熱狂させ、33スクリーンの小規模公開ながら、なんと全米興行収入ランキング9位に食い込むという脅威のパフォーマンス!

 海外のSNSでは、自身もSNSコンテンツを制作する“当事者”であるクリエイターたちが映画に対する批評で盛り上がった一方、主演のジョーがインスタグラムに投稿した予告編には、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の共演者フィン・ウォルフハードや、俳優のクロエ・グレース・モレッツ、グラント・ガストンらがいいね!で反応してこちらも盛り上がっていた。

アリアナ・グランデ兄やミーシャ・バートンが被害者に

 ウクライナ出身の新鋭ユージーン・コトリャレンコが監督を務めた同作は、主人公カートのサイコな行動の被害にあう乗客として、馴染みのあるセレブたちが登場するところでも楽しめる。

 暴走するカートに立ち向かうコメディアンを、米バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のサシーア・ザメイタが演じているほか、映画『スクリーム』などで知られるデヴィッド・アークエット、ドラマ『The O.C.』のミーシャ・バートン、アリアナ・グランデの兄であるフランキー・グランデらが、恐怖に顔を引きつらせる。

画像: アリアナ・グランデ兄やミーシャ・バートンが被害者に

日本での公開日、視聴方法

 GoProやスマートフォン撮影を駆使したライブ感あふれる映像で、SNSが抱える闇、恐怖、そして不条理を見事にあぶり出した映画『スプリー』。日本では、2021年4月23日に月額固定料金制のサブスクリプション動画配信サービスの「OSOREZONE」で公開される。

 OSOREZONEは、メジャーからB級まで世界中から集めた数百本以上の様々なホラー映画・ドラマコンテンツが見放題なSVOD。月額500円(税抜)で、2週間の無料お試し期間あり。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.