俳優のアンジェリーナ・ジョリーが、マーベル新作映画『エターナルズ』で共演するサルマ・ハエックの誕生日パーティーに参加。サルマの顔をバースデーケーキに押しつけて“顔面ケーキ”を食らわせる衝撃の場面も!?(フロントロウ編集部)

アンジーが『エターナルズ』共演者の誕生日をお祝い

 今年11月に劇場公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の映画『エターナルズ』にセナ役で出演する俳優のアンジェリーナ・ジョリーが、同作品で共演するアジャク役の俳優サルマ・ハエックの誕生日パーティーに参加し、普段のクールな姿とはひと味違ったおちゃめな一面を見せた。

画像: MCUの新作映画『エターナルズ』で共演するサルマ・ハエック(左)とアンジェリーナ・ジョリー(右)。

MCUの新作映画『エターナルズ』で共演するサルマ・ハエック(左)とアンジェリーナ・ジョリー(右)。

 先日、55歳の誕生日を迎えたサルマをお祝いすべくパーティーに顔を出したアンジェリーナは、そこでサルマの出身国であるメキシコの伝統的な祝福の儀「La Mordida(ラ・モルディダ )」を体験することに。Mordidaにはスペイン語で「噛む」という意味があり、メキシコでは“主役”に誕生日ケーキに顔を突っ込んで一口食べてもらうのがならわしとなっている。

 今回、アンジェリーナはサルマの顔をケーキに押しつける大役を任命されたのだが、さすがに顔面ケーキを食らわせるのには抵抗があったのか、周りが「Mordida!Mordida!」と唱えながら盛り上がるのをよそに、なかなか行動に移せず。しびれを切らしたサルマはアンジェリーナの膝をポンポンと叩き、“やって”と合図。反対側でその様子を見ていたサルマの弟が手を貸してくれたこともあって、ようやく役目を終えることができた。

 後日、サルマがインスタグラムにアップしたその一部始終を収めた動画がこちら。「私と弟でアンジーにメキシコのMordidaのやり方を教えてあげたの」というキャプションが添えられていた。

 サルマの顔をケーキに押しつけた直後に、“どうしよう。やっちゃった”といった感じで顔を手で覆い、戸惑いを見せるアンジェリーナがなんだか可愛らしい。

 そんなアンジェリーナとサルマが共演する映画『エターナルズ』は11月5日(金)に公開予定。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.