アン・ハサウェイ イヴァンカ・トランプ Anne Hathaway Ivanka TrumpPhoto:スプラッシュ/アフロ

【フロントロウ編集部】

 ドナルド・トランプ米大統領の長女であるイヴァンカ・トランプが、女優のアン・ハサウェイのスピーチを「エクセレント(優れた)」と褒めたたえた。

 

育児休暇について

 イヴァンカが日本時間の未明にツイッターで称賛したのは、3月8日の国際女性の日にアンが国連ウーマン親善大使としておこなった育児有給に関するスピーチ。

 このスピーチはアンが、育児休暇中の給与の支払いや、男女を区別しない育休制度を世界のリーダーに求めたもので、「家庭を守るのは女性の役割だと決めてかかるのは女性差別であるだけでなく、男性の家庭や社会への参加を制限してしまう」「有給での育児休暇はただのお休みではない。人々が自分たちで役割分担や時間配分を決められ、新しくポジティブなやり方を築く自由を与えるのです」などと訴えた。

 3人の子供を持つ働くママであるイヴァンカはアンのスピーチ動画をリツイートして、「国際女性の日を祝して国連でおこなわれたアン・ハサウェイの有給休暇に関する素晴らしいスピーチを見て」と褒めたたえた。 

https://twitter.com/IvankaTrump/status/844944815016099840

 

しかし「偽善者」という批判も

 ただ、イヴァンカはアメリカでの育児休暇制度の必要性を公言してきている一方、自身の会社の従業員には育休を与えていないという疑惑がある。

 アメリカでは現在、育児休暇は法律で保障されておらず、イヴァンカはトランプ政権に養子縁組の場合も含めて性別に関係なく両親に有給での育児休暇を与える制度を設けるよう求めている。

 しかし昨年10月にイヴァンカのもとで働いていた女性が、イヴァンカは偽善者だと告発

 妊娠2ヵ月だった時にイヴァンカに雇われたという女性は会社として育休を与えていないとイヴァンカに言われ、根気強い交渉の末、やっとの思いで8週間の有給休暇を得られたと主張した。

 

トランプ大統領、過去にアンを公的に批判

 じつはイヴァンカの父であるトランプ大統領は、アンとは因縁の仲にある。

American Conservative Union's 2017 Conservative Political Action Conference

 アンは2008年に交際していたイタリア人実業家のラファエロ・フォリエリが詐欺罪で告発されたため彼と別れたのだが、当時トランプ氏にこれを批判されているのだ。

 トランプ・タワーの住人だったラファエリロとアンの関係について聞かれたトランプ氏(当時)は、「彼女は忠誠心がないよね。彼がお金を持っていた時は好きで、それが変わると良くないってことだろ?」と米エンタメ番組『アクセス・ハリウッド』に語っている。

 一方で2013年にアンが映画『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞を受賞した時には、トランプ氏(当時)は「アン・ハサウェイは良い勝者だね!」とツイートして数年前の発言なんて忘れたそぶりを見せていた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/305883648568209409

 国連でのスピーチを各方面から称賛されているアン。今回の件に関して本人からのコメントは現時点ではない。

This article is a sponsored article by
''.