英グラストンベリー・フェスティバルに登場した俳優のジョニー・デップが、アメリカのトランプ大統領に対してある過激な発言をして波紋を呼んでいる。

 主演映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作が7月1日に公開される俳優のジョニー・デップが、イギリス最大級の音楽フェス「グランストンベリー・フェスティバル」に登場。そこでとある過激発言をして話題になっている。

画像: トランプ大統領を暗殺する!? ジョニー・デップが過激発言

 この日、同フェスのステージでスピーチを行ったジョニーは、いきなり集まった観客たちに母国アメリカのトランプ大統領をここに呼ぼうと提案。ところがこの呼びかけに対して、観客から大ブーイングが起こってしまった。

 すると、ジョニーがいきなりこんな質問を観客に投げかけた。

 「最後に、俳優が大統領を暗殺したのはいつだったか覚えてる?」

 「奴隷解放の父」として知られるリンカーン元米大統領が、俳優の男性に暗殺された事件を引き合いにしたかのような、過激な発言でトランプ大統領を挑発。

 かなりのトンデモ発言だが、実はこの質問をする前に「ただの質問だ。何かをほのめかしているわけじゃない」と前置きをしていたジョニー。また、少々いきすぎた発言であることは自覚していたようで、「これは確実にニュースになる」と自虐的なコメントもしていた。 

 しかしたとえジョークとはいえ、相手は一国の大統領。支持者も多くいるため、ジョニーのこの発言は波紋を呼びそうだ

This article is a sponsored article by
''.