チャート上位を連発してデスティニーズ・チャイルド以来のガールズグループとして話題沸騰のフィフス・ハーモニーを人気絶頂の時期に電撃脱退したカミラ・カベロ。フロントロウ編集部が日本のメディアとして脱退後初となるインタビューを行った。

電撃脱退から半年

 2012年に音楽オーディション番組『Xファクター』で結成されたフィフス・ハーモニーは、2015年にはツイッターでの話題年間1位(楽曲部門)に、2016年にはシングル「ワーク・フロム・ホーム」のMV再生回数が史上20位以内の16億回を突破するなど、アメリカを代表するグループに成長。

 カミラ・カベロがグループを突然去ったのは、セカンドアルバム『7/27』が日本含む世界55カ国のiTunesチャートで1位を獲得していた昨年12月。まさに人気絶頂の時だった。

 脱退当時はカミラの言い分とメンバーの言い分がぶつかりひと悶着あったものの、その後、カミラはソロとしてデビュー。フィフス・ハーモニーも4人組グループとして生まれ変わり、それぞれが再スタートを切っている。

画像: カミラ脱退前のフィフス・ハーモニー、2015年に英イベントにて

カミラ脱退前のフィフス・ハーモニー、2015年に英イベントにて

画像: カミラは脱退後の今年6月、マッチミュージックビデオ・アワードでソロパフォーマンス

カミラは脱退後の今年6月、マッチミュージックビデオ・アワードでソロパフォーマンス

ソロアーティストとして始動

 カミラは年内にソロアルバム『ハーティング、ヒーリング、ラヴィング』を発表する予定で、5月にはシングル「クライン・イン・ザ・クラブ」と「アイ・ハブ・クエッションズ」を2曲続けてリリース。

画像: Camila Cabello - Crying in the Club www.youtube.com

Camila Cabello - Crying in the Club

www.youtube.com
画像: Camila Cabello - I Have Questions (Lyric Video) www.youtube.com

Camila Cabello - I Have Questions (Lyric Video)

www.youtube.com

カミラが今思うこととは?

 フロントロウ編集部では日本のメディアとして初めて、ソロになったカミラとのインタビューに成功。無邪気な明るさで彼女らしい魅力を振りまいたカミラは、ソロアルバムに向けてドキドキとワクワクにあふれている様子だった。

 カミラ×フロントロウ編集部の日本独占インタビューはコチラの動画をチェックして。

画像: ソロになったカミラ・カベロに日本初インタビュー! Camila Cabello's First Solo Interview with Japanese Media www.youtube.com

ソロになったカミラ・カベロに日本初インタビュー! Camila Cabello's First Solo Interview with Japanese Media

www.youtube.com

カミラ・カベロ日本公式サイトはコチラ

画像: シングル「クライン・イン・ザ・クラブ」デジタル配信中

シングル「クライン・イン・ザ・クラブ」デジタル配信中

This article is a sponsored article by
''.