ワールドツアー終了後、しばらくの間活動を休止することを発表したレディー・ガガ。彼女が新たに告白した疾患「線維筋痛症」とは?

病名を初告白

 先週、カナダのトロント国際映画祭でプレミアが行われた、自身のドキュメンタリー映画『ガガ:ファイブ・フット・ツー』の記者会見で無期限の活動休止を発表し、世間を驚かせた人気シンガーのレディー・ガガ

 そんな彼女が今週、ツイッターで自身が悩まされている病名を告白。

 ガガは、「私たちのドキュメンタリー番組では、多くの人々に知識を広め、繋がってもらうために、私が抱える『線維筋痛症』の慢性疾患や慢性痛についても触れているわ」と投稿した。

画像: 病名を初告白

  

「線維筋痛症」とは?

 ガガがこのツイートを通して初めて病名を告白した「線維筋痛症」とは、英語で「Fibromyalgia Syndrome(FMS)」と呼ばれる全身の骨格筋に激しい痛みやこわばりが生じるリウマチ性疾患。

 その痛みは「まるでガラスの破片が身体を流れるような痛み」とも言われるほどの激しいもので、症状によっては日常生活に支障をきたす場合も。

 2007年の厚生労働省研究班調査によると日本での有病率は、人口の約1.7%。患者数は約200万人と推定されており、発症者は20~60歳代の女性に多いといわれている。とくに中高年の女性に多く発症しやすいため、現在31歳のガガは比較的若くしての発症といえる。

  

うつや不安障害を併発しやすい

 痛みに対する不安から精神疾患を併発することが多く、「うつ病」の合併率は30~50%と高くなっているほか、躁状態と抑うつ状態を繰り返す「双極性障害」やストレスを我慢して内在化させる「失感情症」の併発率も高いという線維筋痛症。

画像: 『ガガ:ファイブ・フット・ツー』のワンシーン。

『ガガ:ファイブ・フット・ツー』のワンシーン。

 『ガガ:ファイブ・フット・ツー』では、「慢性的な痛み」を抱えながら音楽活動を続けるガガの姿が赤裸々に映し出されているが、これは線維筋痛症の症状によるものが大きいよう。

 さらに、ガガは以前から、うつや不安障害に悩まされていることを公言しており、これらが今回告白した線維筋痛症や、過去のレイプ被害に起因するPTSD(心的外傷後ストレス障害)と織り重なっていると考えると、ガガはこれまで相当な痛みに耐え抜いてきたということになる。

画像: トロント国際映画祭のプレミアに登場したガガ。

トロント国際映画祭のプレミアに登場したガガ。

 プレミア後の記者会見で「しばらく休養する」と突如宣言し、世間に衝撃を与えたガガだが、彼女の身体と心は、もうパンク寸前だったのかもしれない。

 世界ツアーが終了する12月以降にスタートする休養期間中も創作活動については続けていくと発表しているが、しっかりと大事をとってまた元気な姿でステージに帰って来て欲しい。

This article is a sponsored article by
''.