あるモデルが眼球にタトゥーを施したところ、激しい痛みとともに失明危機に直面している。

【閲覧注意】
※気分を害する可能性のあるショッキングな画像が含まれています。


 カナダ出身のモデルであるキャット・ギャリンガーという女性が、当時交際をしていた身体改造のアーティストである彼氏に、お気に入りの色である紫を眼球にタトゥーとして入れてもらうことに。

 しかし、そこから悲劇が始まった。
 

 本来は濃度を薄めなければならないタトゥーのインクを、彼氏はそのままキャットの目に注射器で注入。さらに細い針ではなく太い針を使用したため、表面でとどまることなく奥まで注入されてしまった。

画像1: Catt Gallinger www.facebook.com

~*PLEASE SHARE THIS AS MUCH AS POSSIBLE*~ -Sclera Tattoo- (Whites of the eye tattoo) For everyone...

Catt Gallingerさんの投稿 2017年9月20日(水)

Catt Gallinger

www.facebook.com

 彼女は目に痛みを感じ救急病院に駆け込んだが痛みは増す一方で、別の病院へ行って抗生物質を打ってもらい、ようやく少し目が開けられるようになった。
 しかし、視力は急激に低下してしまい失明の危機に。紫のインクは眼球で固まり、彼女の目を覆ってしまった。

画像2: Catt Gallinger www.facebook.com

-Update- -Sclera Stain/Tattoo Procedure Gone Wrong- So I'm supposed to take photos to document any change for doctors,...

Catt Gallingerさんの投稿 2017年9月23日(土)

Catt Gallinger

www.facebook.com

 その後彼女は、手術で目の中に固まった紫のインクを取り除くことに成功。現在は痛みも少しずつやわらぎ、視力も回復してきていることをSNSで報告。
 そのコメントの最後は、「手術をしなければ、私は間違いなく視力を失っていた」と締めくくった。

画像3: Catt Gallinger www.facebook.com

1st was the very first week I could open my eye after the tattoo procedure 2nd is the second week after my surgery 3rd...

Catt Gallingerさんの投稿 2017年12月18日(月)

Catt Gallinger

www.facebook.com

This article is a sponsored article by
''.