2017年末に行われた国民投票によって、ついに合法化されたオーストラリアでの同性婚を受けて、同性愛者カップルたちによる真夜中の結婚式が相次いで行われた。

「最後の障害」がついに解消

 オーストラリアの国民投票で60%以上の国民が支持したことで、2017年12月9日に正式に合法化されたオーストラリアの同性婚。

画像: 「最後の障害」がついに解消

 この同性婚の合法化は、マイリー・サイラスやサム・スミスなど、多くのセレブたちが祝福
 ただ、ほとんどの同性愛者カップルは、結婚式を執り行うまでに国から1ヵ月間の準備期間が設けられており、合法化しても結婚式を挙げることができない状態が続いていた。

 そんな同性婚における「最後の障害」となったこの準備期間が、合法化からちょうど1ヵ月後の1月9日に、ついに解消。

画像: Twitter/@DukaKofi

Twitter/@DukaKofi

 それを記念して、長年結婚を待ち望んだカップルたちがいち早く結婚するために、9日へと日付が変わった深夜に結婚式がオーストラリア各地で挙げられた。

画像: Twitter/@alistaircoleman

Twitter/@alistaircoleman

 そんな真夜中の結婚式から一夜、通常とは少し違う暗闇の結婚式を行ったカップルたちには、世界中から明るい祝福が寄せられている。

This article is a sponsored article by
''.