ある犬が人間の使うカラーリング剤で紫色に染められ重症を負った。

 ヴァイオレットと名付けられたマルチーズのミックス犬は、飼い主によって名前の通り紫に染められた。
 しかし、その際使用されたのは人間のカラーリング剤。そのためヴァイオレットは目がパンパンに腫れ、重度の火傷を負い皮膚がただれてしまった。
 重症を負ったヴァイオレットは、フロリダにあるピネラス・カントリー・アニマル・サービスに運び込まれた。

画像1: ©Pinellas County Animal Services

©Pinellas County Animal Services

 ヴァイオレットが回復するまでに要した期間は3ヵ月。その間は、鎮痛剤、抗生物質、はちみつトリートメントを受け、包帯も何度も取り替えられ長い間治療に励んだとピネラス・カントリー・アニマル・サービスがFacebookで明かした。

 現在ヴァイオレットは順調に回復しているが、いまだに完治にはいたらず。しかしヴァイオレットは、新しい飼い主に引き取られ元気に暮らしている。

画像2: ©Pinellas County Animal Services

©Pinellas County Animal Services

This article is a sponsored article by
''.