元世界王者のフロイド・メイウェザー・Jrが、SNS上で使ったあるハッシュタグに注目。

 ボクシングで50勝0敗という驚異的な記録を持っているボクサーのフロイド・メイウェザー・Jrが、インスタグラムに1枚の写真を投稿した。
 それは、昨年8月に行われた世紀の対決と呼ばれたコナー・マクレガーとの試合の写真。

 この写真にメイウェザーがつけたハッシュタグはこちら。

画像1: Instagram投稿の投稿者: Floyd Mayweatherさん 日時:  1月 30, 2018 at 4:17午前 UTC www.instagram.com

#MCM Mayweather Crushes McGregor.

A post shared by Floyd Mayweather (@floydmayweather) on

Instagram投稿の投稿者: Floyd Mayweatherさん 日時: 1月 30, 2018 at 4:17午前 UTC

www.instagram.com

 メイウェザーの投稿で使われていたのは、「#MCM」という略語。

 これは海外でよく使われているハッシュタグで、「MCM」というのは「Man Crush Monday(月曜日に上げるタイプの男)」の略。海外のSNSカルチャーには、好みの男性の写真を月曜日にアップするというものがあり、その時に使われるハシュタグ。

 しかしメイウェザーは、この「MCM」というハッシュタグを「Mayweather Crushes McGregor(メイウェザーはマクレガーを倒す)」という意味に変えて投稿。

 定番ハッシュタグを自分主役のハッシュタグに変えてしまうなんて、なんともメイウェザーらしい。

This article is a sponsored article by
''.