10年前に迷子になった犬が、奇跡的に家族の元へ戻ってきた。

 自分の飼っているペットが迷子になり戻ってこないのは、考えただけで悪夢のような体験。そんな体験をしたのが、アメリカ・ペンシルバニアに住むデボラという女性。

 今から10年前の2008年に、デボラの娘と家族の愛犬アビーが外で遊んでいる時に、アビーは急に走り出してそのまま帰ってこなくなってしまったという。

 当時、さまざまな手段を使ってアビーを探すも手掛かりは見つからず、アビーも家に戻ってくる気配がなかったため、デボラたちはアビーは死んでしまったと受け入れた。

アビーが奇跡の帰宅

 アビーの失踪から10年経った2018年。アニマルシェルターからデボラに、アビーを預かっていると連絡が入った。なんとアビーは、デボラたちの家から16キロほど離れた場所で男性により保護された。

画像: ©instagram/animalprotectorsshelter

©instagram/animalprotectorsshelter

 現在12歳のアビーを発見した男性は、アビーをシェルターへ連れて行った。そこでスタッフがアビーに埋め込まれていたマイクロチップを手掛かりに、アビーがデボラたちの家族ということが発覚したという。

画像: デボラと再会するアビー。©instagram/animalprotectorsshelter

デボラと再会するアビー。©instagram/animalprotectorsshelter

 10年間アビーがどこにいたかは謎に包まれたままだけれど、健康に育ったことを見ると大切に誰かの手によって育てられたと考えられる。

 デボラは、「言葉になりません。アビーは死んでしまったものと思っていたから。私の子供が生きて帰ってきた気持ちです」と喜びの気持ちを語った。

This article is a sponsored article by
''.