俳優のジョージ・クルーニーと夫人の間に双子の赤ちゃんが誕生。その名前が古風でおしゃれと話題になっている。

双子の男の子と女の子が誕生

 映画『オーシャンズ11』など数々のヒット作に主演してきた俳優のジョージ・クルーニーと、2014年に結婚した夫人で弁護士・人権活動家として活躍するアマル・クルーニーに双子が誕生。
 ジョージの広報担当者が現地時間の6月6日の朝に「元気な男の子と女の子が産まれました」と声明を出した。

 さらに声明の最後には、「現在ジョージは(喜びのあまり)鎮静剤を投与されていて、数日中に回復する見込みです」とのジョークが添えられていた。

気になる名前は?

 56歳になるジョージと39歳のアマルの間に産まれた男の子は「アレクサンダー」君、そして女の子は「エラ」ちゃんと名付けられた。2人ともジョージの姓を名乗ることになる。

 この名前は、どちらも英語圏の名前としては伝統的で古風なもの。
 人気名付けサイトのnameberry.comの解説では、「アレクサンダー」はギリシャ発祥で「守る男」の意味があり、「エラ」はドイツ系やイギリス系の女性に多く、「完全な」、「妖精のような乙女」などの意味を持つと言われている。

 近年海外では、赤ちゃんに古風な名前をつけるのが流行していることもあり、世間ではジョージとアマルのチョイスを絶賛する声が多い。

画像: アマル夫人の妊娠中のおしゃれなマタニティファッションも話題に。

アマル夫人の妊娠中のおしゃれなマタニティファッションも話題に。

 ハリウッドきってのモテ男と呼ばれたジョージも遂にパパに。夫人の妊娠中からマット・デイモンら、子供を持つ俳優仲間にも子育てのアドバイスをもらっていることもあり、かなり子煩悩なお父さんになりそうだ。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.