マイケル・ジャクソンの娘のパリス・ジャクソンと、彼女のゴッドファザーであるマコーレー・カルキンがポール・マッカートニーのコンサートを訪れた。

路上でぎゅっとハグ

 先週ニューヨークで行われたポール・マッカートニーのコンサートを訪れたパリス・ジャクソンとマコーレー・カルキン。

画像1: 路上でぎゅっとハグ
画像2: 路上でぎゅっとハグ

 パリスはポールの大ファンであることを公言しており、ポールに歌ってほしいために曲を作った経験があるほど。
 そんなパリスだけに、コンサート後は「ポールがステージの真ん中に立つ前に、号泣して叫んでいた。こんな反応をしたことなんて今までなかった」「ポールが与える影響は言葉では説明できない」とインスタグラムにコメントし、ポール愛を炸裂。

 パリスにとって感慨深いものになったコンサートの会場外で、彼女のゴッドファザーでありお揃いのタトゥーをいれているほど仲良しのマコーレーを発見したパリスは、すぐさま駆け寄りぎゅっとハグ。

画像3: 路上でぎゅっとハグ
画像4: 路上でぎゅっとハグ

 感涙にむせぶパリスを優しく包み込むマコーレーの姿は、まるで父親のよう。

 パリスのゴッドファザーに任命した父親マイケル・ジャクソンも、きっとこの光景を優しく見守っているはず。


この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.