イギリス発のアパレルブランドが、モデルのストレッチマークを修正せずに公開したことで、称賛の声が集まっている。

 ファッション界をはじめとして、さまざまなボディタイプやボディイメージを受け入れる流れが大きくなってきている今、大手アパレルブランドのASOSや、LAの水着ブランドがモデルのストレッチマークを未修正で公開し、注目を浴びてきた。

 そんななか、また人気アパレルブランドがこの流れに乗って、女性のボディイメージに対してポジティブなメッセージを送った。

ストレッチマークをそのまま公開

 イギリス発のアパレルブランドMissguided(ミスガイデッド)が、モデルたちのストレッチマークを公開。

画像1: ストレッチマークをそのまま公開
画像2: ストレッチマークをそのまま公開

 未修正で公開したことについてブランド側は、「ブランドとして、若い女性をサポートし、自信を与えるのが、私たちの大きな責任だと感じでいます。なので、自分らしくいても大丈夫、欠点や個性を愛し、世の中が決めつける“完璧”という概念にとらわれないようにと伝えたかったのです。なぜならば、そんな“完璧”なものは存在しないのですから」とコメントした。

 つねに完璧さを求められてしまうこの世の中で、若い女性をターゲットにしたブランドだからこそ、欠点を受け止めて個性にすることが大事だというメッセージを放ち、今のボディ・ポジティブの流れを後押しした。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.