息子と公園で遊んでいる最中にレイプ犯に襲われた女性が取った行動とは?

 イギリス・マンチェスター在住の20代のある女性が2歳の息子と公園で遊んでいたところ、手にナイフを持った当時17歳の少年アーロン・グラハムに襲われ、地面に押し倒された。

 少年の目的はこの女性をレイプすることだった。しかし、そんな危機的状況にもかかわらず冷静さを失わなかった女性は、側にいた息子を守るためにもなんとかして犯人を説得することを決意。

画像: 2歳息子の目の前でレイプされかけた女性、ある「ひと言」で犯人を撃退

 落ち着いて「息子が見ている」ということを伝えたところ、状況が一変したという。

 「行為に及ぶまでに時間を取りすぎていることにイライラしているようで、急に立ち上がると、『悪かったな』と言いました」

 その時の状況について英Metro誌にこう語った女性は、犯人はひと言謝罪をしてすぐにその場から逃げ去ったことを明かした。その後、恐怖から解放されて緊張が解けたこの女性は号泣。近隣の人たちに助けを求め、無事に保護された。また、犯人の少年は翌日に逮捕されたという。

 普通なら声も出ないような状況で、息子のために勇気ある行動を取ったこの女性に多くの人たちから称賛の声が上がっている。 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.