ステージ4の乳がんを患っていたヘザーが、亡くなる18時間前に恋人のデヴィッドと結婚式を挙げた。

 2016年12月23日、この日ヘザーにプロポーズをする予定だったデヴィッドは、彼女から衝撃的な事実を聞かされた。
 それはトリプルネガティブ乳がんということ。

 しかしデヴィッドはこの衝撃的な診断を聞かされた後でも、彼女と結婚したいという意志は変わらなかったため、プロポーズした。

 それからデヴィッドはヘザーを支え続けたが、がんは体や脳までを蝕みステージ4まで進行。

 当初2人は2017年12月30日に結婚式を行うはずだったが、医者からその日まで生きていれないかもと告げられ、2人はセイント・フランシスコ病院のチャペルに親族や友人を集め、12月22日に結婚式を行うことにした。

美しい花嫁に大変身を遂げる

 化学療法などで髪の毛が抜け落ちていたヘザーは、この日終始酸素マスクを着用。そしてロングヘアのウィッグを被り化粧を施した。
 ヘザーはベッドに横たわっていたままだったが、その姿は美しい花嫁そのもの。

 病により体力を奪われていたヘザーだったが、式中には力を振り絞り全力で両腕を持ち上げ喜びを露にした。

 そして幸せ絶頂の結婚式から18時間後、彼女は31年間の人生に幕を閉じた。

 彼女の葬儀は、本来結婚式を挙げるはずだった12月30日に、式を行う予定だった式場で執り行われた。

This article is a sponsored article by
''.