女優のメーガン・マークルが公務中に明かした婚約者ヘンリー王子のあるヒミツとは?

ヘンリー王子は「○○」とバラす

 昨年、婚約を発表した英王室のヘンリー王子とドラマ『スーツ』に出演する米女優メーガン・マークル。結婚式は今年5月に予定されているためまだ「嫁入り前」の身だが、すでにロイヤルファミリーの一員として公務にも参加しているメーガン。

画像: ヘンリー王子は「○○」とバラす

 そんなメーガンとヘンリー王子が一緒にウェールズを訪れた際のことだ。2人をひと目見ようと集まった観衆のなかにいた1人の女性が、メーガンに対し「ロイヤルファミリーにあなたのようなフェミニストが加わったことを嬉しく思います」と伝えたところ、彼女から意外な答えが返ってきた。

 「彼(ヘンリー王子)もフェミニストよ」

 メーガンは自身がフェミニストであることを公言しており、ジェンダー平等や女性のエンパワーメントのための国連機関「UN Women」の親善大使を務めたこともある。また、一方のヘンリー王子も社会問題への関心が深く、これまでにメンタルヘルスや人種差別といった問題についてたびたび言及してきた。

画像: 過去に開かれたUN Womenのイベントでスピーチを行ったメーガン。

過去に開かれたUN Womenのイベントでスピーチを行ったメーガン。

 また、母親の故ダイアナ妃と同じく慈善活動にも熱心なことで知られており、今回メーガンが王子も「フェミニストである」と明かしたことでさらに彼の人となりを称賛する声が相次いだ。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.