第60回グラミー賞授賞式に、シンガーのゼイン・マリクが「白いバラ」を着けて出席した。

 グラミー賞に向かうために建物から出てきたゼイン・マリクは、ピンクのスーツに恐竜のくつ下という、遊び心のあるスタイル。

画像1: ゼイン・マリクも「白バラ」着けてグラミー賞出席
画像2: ゼイン・マリクも「白バラ」着けてグラミー賞出席

 そして胸元には、エンブロイダリーの白いバラが。

 これには、昨今のセクハラ騒動を発端に立ち上がった女性の人権運動「タイムズ・アップ(Time's Up)」への支持を表明する意味があり、グラミー賞ではほとんどの出席者が「白いバラ」をコーディネートに取り入れている。

画像3: ゼイン・マリクも「白バラ」着けてグラミー賞出席
画像4: ゼイン・マリクも「白バラ」着けてグラミー賞出席

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.