ニューヨークで行われたヴィクトリア・ベッカムのファッションショーを、ニューヨークに留学中のブルックリン・ベッカムが欠席。その理由とは?

 先日ニューヨークで行われたファッションウィークで、自身のブランドのファッションショーを開催したヴィクトリア・ベッカム。
 今年は同ブランドがファッションウィークに参加して10周年にあたる記念の年。そんなヴィクトリアのコレクションの最前列には、米Vogue誌の編集長であるアナ・ウィンターをはじめ、様々なゲストたちが駆けつけた。

 そんな大御所たちが集まる最前列でも一番目立っていたのは、やはりヴィクトリアの家族であるデヴィッド&ロメオ&クルス&ハーパー・ベッカム。
 普段イギリスで生活を送る子供たちは、この日のためにニューヨークへとやってきた。

画像: 大きなスーツケースとハーパーちゃんを押しながらJFK空港に到着したデヴィッド。

大きなスーツケースとハーパーちゃんを押しながらJFK空港に到着したデヴィッド。

 しかし家族全員が集まるなか、ファッションショーの会場に姿を見せなかったメンバーがいる。

 それは、ベッカム家の長男であるブルックリン・ベッカム。彼は現在ニューヨークの大学に通っており、ファッションショーの会場には簡単に来られるはず。

画像: 自転車で大学へ向かうブルックリン。

自転車で大学へ向かうブルックリン。

 だけど、この日ブルックリンが居たのはロサンゼルス。
 ヴィクトリアへのタトゥーを2つも入れるほどママっ子のブルックリンが、母親より優先させたのは、彼女のクロエ・モレッツ。

画像1: ベッカム家長男、母親の大舞台を欠席し向かった先は?

 実はクロエの誕生日は2月10日で、ヴィクトリアのコレクションが11日。
 そのためブルックリンはクロエを優先して、21歳を迎えた彼女と、ロサンゼルスで特別な時間を過ごした。

画像2: ベッカム家長男、母親の大舞台を欠席し向かった先は?

This article is a sponsored article by
''.