映画『グレイテスト・ショーマン』のゼンデイヤが、体が細すぎるとのアンチコメントに対して取った反応とは?

 先日行われたアカデミー賞で2年連続司会を務めた、有名司会者ジミー・キンメルがホストを務めるアメリカの人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライヴ』では、人気コーナーとしてセレブに対しての一般人からの悪口ツイートを、本人が読み上げる「Mean Tweets(ミーン・ツイート)」という企画がある。

「細すぎ」と言われたゼンデイヤは?

 その「Mean Tweets」の最新動画に、日本でも大ヒット上映中のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のゼンデイヤが登場。そこでゼンデイヤは、一般人からの悪口ツイートを読みあげた。その悪口ツイートとは…。

ゼンデイヤは細すぎてやばい! まじで、スパゲッティみたい

 という、ゼンデイヤの体が細すぎるというものだった。そのツイートを読んだゼンデイヤは、「スパゲティ」の部分がツボに入り、読み終わった後に大爆笑。そして、「最高! これって最高ね(笑)」とご満悦のよう。

画像: 「細すぎ」と言われたゼンデイヤは?

 体型について批判する「ボディ・シェイミング」が今大きな問題となっているけれど、そんなボディ・シェイミングを大笑いしてかわす強いメンタルを見せたゼンデイヤだった。

 このコーナーには、ニック・ジョナスやピンクなど多くの人気シンガーも自身に対しての悪口ツイートを読みあげている。批判的な言葉を浴びせられても、ジョークで返したりゼンデイヤのように笑ってしまう人も。ゼンデイヤは1分27秒あたりから登場する。

画像: Mean Tweets – Music Edition #4 www.youtube.com

Mean Tweets – Music Edition #4

www.youtube.com

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.