モデルのケンダル・ジェンナーに感化されて体のあるヵ所を整形する人が急増しているというが、その部分とは一体…!?

ノーブラのケンダルの胸元に女性が熱視線

 米Forbes誌が毎年発表している「モデル長者番付」で、“2017年に最も稼いだモデル”に輝いたケンダル・ジェンナー。カリスマ的な人気を誇るケンダルに憧れて、ファッションやメイクを真似する女性は多いが、今そんなケンダルに感化されて体のある部分の整形をしたいという人が急増しているという。

 そのある部分とは乳首

画像1: ノーブラのケンダルの胸元に女性が熱視線

 答えを聞いて「え!?」と驚いた方も多いと思うが、決して冗談ではない。ブラジャーを着けていない状態、いわゆるノーブラのケンダルの“胸元”を見て「ニップル・インジェクション(nipple injection)」をしたいという人が増えているそうで、ニューヨークで整形外科医として活動するイーライ・レヴィーン医師によると、同様の施術を受けたいという人がここ数年で20%近く増加したという。

 ちなみに、ニップル・インジェクションとはヒアルロン酸をベースとした液を乳首に注入し、つねに乳首が強調されている状態を人工的に作り出す手術のこと。

画像2: ノーブラのケンダルの胸元に女性が熱視線

 日本ではあまり浸透しない考え方かもしれないが、欧米では「女性だから」という理由で乳首に対して過剰反応する風潮を変えようと、「フリー・ザ・ニップル(乳首を解放しよう)」というムーブメントが活発化。つい先日も、教師にノーブラを注意されたアメリカの女子高生がそれに反抗して、ボイコットならぬブラコットを実施して話題になったばかり。

 ケンダルもしょっちゅうノーブラで外出する姿が激写されており、そんなケンダルの“乳首”に憧れを抱く女性が増えているというわけ。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.