シンガーのハリー・スタイルズの来日公演で、彼が口にした「嬉しすぎる発言」の数々をまとめてみました!

日本語を交えたトークでファンを魅了

 5月10、12日の計2日間にわたって初の大規模な単独来日公演をおこなった、ハリー・スタイルズ(24)。活動休止中のワン・ダイレクション(以下1D)のメンバーで、1D時代から大の親日家のハリーは、とにかくサービス精神旺盛なことでも有名。

画像: ©Helene Pambrun

©Helene Pambrun

 そんなハリーが、今回の来日公演で口にしたファンにとって「嬉しすぎる言葉」の数々を総まとめ!新しく覚えた日本語を交えたトークのなかでハリーが語ったこととは?


日本語で「会いたかった」

 コンサート開始早々に、日本語で「ただいま」とファンにあいさつしたハリー。その直後に、「みんなに会いたかったです」とまたまた日本語で再会の喜びを語り、黄色い歓声を浴びていた。

日本への移住を希望

 昨年12月の来日公演に続いて、今回の来日公演でも「日本に住みたい」「帰りたくない」
日本語で連呼。さらに、「日本大好き」というトドメのひと言で日本の全ファンのハートをわし掴みに。ちなみに、ハリーは「日本大好き」という言葉をライブ中に何度も口にしていた。

Tokyo, Live On Tour.

@ harrystylesがシェアした投稿 -

“特別な日”を日本で迎えられたことへの喜びを口に

 千葉・幕張で来日公演が行われた5月12日は、彼のデビューアルバム『Harry Styles/ハリー・スタイルズ』が発売されてちょうど1周年だった。そんな、ハリーにとって“特別な日”を日本で迎えられたことについて、「今から約1年前の今日、僕のアルバムが発売されたんだ。だからみんなが今日ここに集まってくれたことに感謝している。僕にとっては特別なものなんだ。そんなスペシャルな日を日本で祝うことができてすごく幸せだよ。ありがとう」とコメント。

1Dへの思い

 今回の来日公演で1Dの楽曲を3曲も披露したハリーは、1Dの大ヒット曲「ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル」を歌う前に、「この曲は僕にとってとても大切な曲なんだ。この曲から僕のすべてが始まった」と、活動休止中の同グループがいかに自分にとって大事な存在であるのかを明かした。

とにかくみんなに感謝! 感謝!! 感謝!!!

 上記の発言から続けて、日本のファンへの特別な思いも告白。「この7~8年間、みんながサポートし続けてくれていることにとても感謝している。本当にありがとう。日本に来るたびに、みんなからいつも最高の歓迎をしてもらっている。日本の人たちは素晴らしい。ここにいるみんなのことを絶対に忘れない。本当に本当に感謝しているんだ。日本に来るのが大好きなのは、ここにいるみんなが理由だよ」と、日本のファンに最大限の言葉で感謝の気持ちと賛辞をおくった。

また日本に帰ってくることを約束

 今回の来日公演がアジアでのツアー最終日だったこともあり、「アジアで公演をするのはこれで最後。“今年は”ね」と言うと、「また戻ってくるよ!もし何か悪いことでも起きない限り、またここに帰ってくる」と、ジョークも交えて日本に帰ってくることを約束。コンサートのクライマックスを目前に、「また来る」発言で大勢のファンを安堵させた。


この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.