シンガーのジャスティン・ビーバーの「オレンジの食べ方」がユニークだと話題に。

 つい先日、以前から度々参加しているサッカーチームの試合に出場した、ジャスティン・ビーバー。そこでカメラが捉えたのは、不思議なオレンジの食べ方をするジャスティンの姿だった。

 クーラーボックスの中から、食べやすい大きさにカットされたオレンジを手に取ったジャスティンは、そのまま口元まで運ぶと…。

画像1: ジャスティン・ビーバーの「オレンジの食べ方」が独特すぎて笑う

 皮ごと口のなかにイン!

画像2: ジャスティン・ビーバーの「オレンジの食べ方」が独特すぎて笑う

 ジャスティンの表情から察するにフザけている様子は一切なく、どちらかというと表情は真剣そのもの。というか、かなりお疲れの様子。

画像3: ジャスティン・ビーバーの「オレンジの食べ方」が独特すぎて笑う

 ちなみに、別の日に撮られた写真でも同じような食べ方をしていた。

画像4: ジャスティン・ビーバーの「オレンジの食べ方」が独特すぎて笑う

 恐らく手を汚さずに、果汁だけ食すのに最適な食べ方なのだと思われるが、それにしてもなんともインパクト大な食べ方。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.