人気R&Bシンガーのケラーニが、初のジャパンツアーのために来日。16日に行われた東京公演の様子をレポート!

 去年のサマーソニックで初来日を果たした全身タトゥーの個性派シンガーのケラーニは、1stアルバム『スウィートセクシーサヴェージ』を引っ提げて、ついに初のジャパンツアーを実施。12日から来日し、大阪と東京で2公演行った。

キュートでセクシーな魅力が炸裂

 今か今かとケラーニの登場を待ち構えていたファンたちの目の前に、本人がカラフルなジャケットを身に纏って登場すると、会場からは黄色い歓声が。「大阪も大盛り上がりだったけど、東京も盛り上がれるよね!?」と煽ると、熱気は最高潮に。

画像1: キュートでセクシーな魅力が炸裂

 女性DJとシンクロしたダンスをしたり、キュートな笑顔を見せたと思ったら、セクシーで挑発的なダンスを披露したりと様々な魅力を見せた。「アンダーカバー」や「ゲット・ライク」などアルバムからの楽曲だけでなく、映画『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックにも収録された「ギャングスタ」や映画『ワイルド・スピード』の主題歌にもなった「グッド・ライフ」なども熱唱。

画像2: キュートでセクシーな魅力が炸裂

 さらに、「私には今妊娠している友達がいるんだけど、それは誰だと思う?ヒントはいつも、『OKKUUUURRR』って言う人よ!そんな彼女と共に作った歌を今日歌うわ!」と、リリースされたばかりのカーディ・Bとのコラボ曲「リング」も披露した。

ファンへの感謝は忘れない

 ライブ中には、最前列のファンが持っていたバラやプレゼントを受け取ったり、自身の幼少期の顔がプリントされたうちわを受けとり、「可愛い~、みんな見てこれ! この時から全然変わってないね」と嬉しそうに話したり、ファンとの距離を大切にする様子が印象的だったケラーニ。

画像: ファンへの感謝は忘れない

 そしてMCの中では、「みんな、今日は来てくれて本当にありがとう。あなたたちが曲を聞いてくれてサポートをしてくれたからこそ、今の私がいるの。ファンのみんながいなければ、私はずっとLAでひたすら歌を作っているだけだったと思うの。私がいつか日本に戻ってきて、1万人の前で歌う事になっても思い出すのは、今日来てくれたあなたたちの事よ。本当にありがとう!」と、ファンへの感謝の気持ちを送った。

 さらに、ケラーニは以前から自分のセクシュアリティについて「クィア」と明かしており、ある女の子について歌った曲「ハニー」を歌う前、「この曲をLGBTコミュニティの人たちに捧げるわ」とLGBTについて話し、会場からは暖かい歓声が送られた。

面白ハプニングが発生!

 そしてライブ最後にケラーニの代表曲でもある「クレイジー」を歌い、退場しようとしたところ、ステージ上にウィッグが投げ込まれた。これにはさすがのケラーニも困惑した様子でウィッグを手に取り、「今までステージ上で起きた面白いハプニングのトップ5に入るわ!(笑)」と会場は爆笑の渦に巻き込まれた。

画像: ©instagram/kehlani

©instagram/kehlani

 ウィッグが投げ込まれたことがかなり面白かったのか、ライブ後のインスタグラムでも「日本のみんな、あなたたちは本当に驚かせてくれるわね(笑)」とコメントした。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.